早慶上智や東大など最難関レベルの大学の英語を攻略するときに心強い味方となるのが『システム英熟語』です。システム英熟語は基本動詞や前置詞・副詞の「イメージ」をもとに英熟語の意味の成り立ちを理解していくというもの。

イメージと成り立ちで覚えられるので丸暗記にならずにサクサク英熟語を覚えていくことが出来ます。またとにかく収録後数が多いので、ハイレベルな語彙力を求められる難関大学を受験する人にオススメです。

スポンサーリンク

基本スペック

  • [ジャンル]英熟語帳
  • [問題数]約1500語
  • [難易度]基礎〜最難関
  • [必要学力]なし
  • [到達レベル]最難関
  • [勉強期間]1ヶ月〜2ヶ月
  • [使用目的]熟語重視の大学対策のため
  • [勉強目標]各熟語を即答できる
  • [対象者]最難関レベル大学受験者

システム英熟語では、基本動詞come,bring,go,get,keep,holdなどや前置詞on, in, at, for, to, of, from, withなどや副詞out, upなどの単語の【イメージ】を理解してから熟語を覚えていきます。

例えば前置詞onの基本イメージは「接触」です。「〜の上に」ではなく接触しているならonだ、ということを絵を用いながら解説します。

そこから

  • depend on A, live on A, be based on A, act on A

などのような英熟語を覚えていきます。

基本動詞、基本前置詞のイメージを覚えることは英文法語法の知識を増やすときにも役立ちますし、その他様々な場面で活躍します。

基本動詞や基本前置詞のイメージを覚えることは英語全体のセンスを高めることにつながります。

使い方

  1. 冒頭の解説を熟読して動詞、前置詞のイメージをつかむ。
  2. 各英熟語を覚えていく。丸暗記じゃなくて意味の成り立ちをつかむ。
  3. 1日100個くらいはまとめて覚える。

システム英熟語は基本的に難関大学受験性に薦められる熟語帳なので、基礎的な単語だけ覚えるとかするのではなく全ての熟語を覚えていくのが基本となるでしょう。

基礎的な単語だけ覚えたい人は別の熟語帳を使えばいいでしょう。

システム英熟語 (駿台受験シリーズ)