大学受験用でおすすめの英熟語帳を紹介する。 熟語帳はいろいろなタイプがあるが、なにより大切なのはレベル。

中学レベルの英熟語に穴がある人は意外にも多いので、自分のレベルに合った英熟語帳を慎重に選ぶようにしよう。 今回は10冊の人気英熟語帳を挙げてそれぞれの特徴を解説する。

入門:中学~高1レベル

キクジュク 中学英熟語

キクジュク 中学英熟語 高校入試レベル』は高校入試用の熟語帳。400程度の熟語・構文を収録している。これが必要な人は少ないだろうが、中3~高1生の熟語の暗記、中学レベルの熟語を穴埋めしたい人が使用すると良いだろう。

基礎~難関:センター~マーチ

つながる英熟語

これは前置詞のイメージを理解してから覚えるコンセプトの熟語の参考書。システム英熟語がハイレベル過ぎて使い勝手がやや悪い分、この参考書の使いやすさが際立つ。1冊目として読んでおくと熟語だけでなく英語力の幅が広がるだろう。

キクジュクBasic

『キクジュク』はキクタンシリーズの熟語版。CDでリズミカルにサクサク熟語を覚えていくスタイルの熟語帳。類書よりも見出し語は少なめなため、センターや中堅私大を受験する人に向くか。 個人的にはキクタンかユメジュクをおすすめしている。

DUOセレクト

DUOセレクト―厳選英単語・熟語1600』はセンターレベルの600の熟語を収録している単熟語帳。単語も1000覚えられる。『DUO3.0』については「DUO3.0の使い方」で詳しく解説している。

速読英熟語

『速読英熟語』は速単の熟語バージョン。熟語約900個、構文200弱を収録していて、長文を読みながら熟語構文を覚えることが出来る良書。速読英単語とセットで使ってもいいし、本書単独で使っても良い。 「参考:速読英単語・速読英熟語 シリーズ解説と受かる使い方・勉強法

英熟語fomula

『英熟語formula 1000』は『FOMULA1700』の熟語版。動詞と前置詞、副詞のイメージを初めに解説していて、単語帳のレイアウトも覚えやすいように工夫されているように思える。1000語というのは難関大学のスタンダードだと思ってもらっていい。 CDがデフォルトで付属しているのは高評価。

英熟語ターゲット1000

『大学JUKEN新書 英熟語ターゲット1000』は FOMULAと好みで選んでもらって構わないだろう。ただし、使うならCDも買ってほしい。「大学JUKEN新書 英熟語ターゲット1000〔4訂版〕CD」がべらぼうに高いので、あまりおすすめは出来ない。人気だからという理由でCDなしに使うことのないように注意してほしい。 [ad#co-1]

最難関:早慶上智、東大レベル

システム英熟語

『システム英熟語』は前置詞と基本動詞のイメージで覚えることが出来る画期的な熟語帳。収録語数も非常に多く、最難関レベルでも十分な力をつけることができる。見出し語は1400語超なので、熟語帳では最も難関向けと言っても良い。レイアウトは好き嫌いが分かれるようだ。CDがないので、個人的に無理して使う必要はない。

キクジュクSuper

『キクジュクSuper3600』を必要な人はほぼいないだろうが一応挙げておいた。中身を見てみるとそこまで難しすぎる熟語ばかりではないと感じる。早慶上智や東大志望で、熟語も完璧にしておきたい人には向くだろう。

ユメジュク

ユメジュク』はキムタツ先生の熟語帳。ユメタンと同じようなコンセプトで覚えていく。収録語数も比較的多く難関向け。CDもしっかりついているので、音声を重視した学習を一貫して行いたい人にはおすすめ。

解体英熟語

『解体英熟語』はハッキリ言って覚えにくいと思う。体裁を見ればすぐにわかる。この英熟語帳は1冊目の熟語帳を終え、熟語をよく問われる最難関大志望者が熟語の演習問題用として使う方がいいだろう

とはいえ、問題演習をしながらの覚えこみとして使えれば十分な効果を発揮する。私も実際アウトプット用として使用していた。

DUO3.0

DUO 3.0』は例文の中に単熟語が詰め込まれた効率的な単熟語帳。熟語1000語収録。派生語も含めると相当の熟語量になる。

「参考:DUO3.0の使い方|2か月で2600語を暗記するための方法