Search
プロフィール – HERO ACADEMY
8777
page-template-default,page,page-id-8777,eltd-core-1.2,woly child-child-ver-1.0.0,woly-ver-1.2,eltd-smooth-scroll,eltd-smooth-page-transitions,eltd-mimic-ajax,eltd-grid-1000,eltd-blog-installed,eltd-main-style1,eltd-disable-fullscreen-menu-opener,eltd-header-standard,eltd-sticky-header-on-scroll-up,eltd-default-mobile-header,eltd-sticky-up-mobile-header,eltd-menu-item-first-level-bg-color,eltd-dropdown-default,eltd-light-header,eltd-header-standard-enable-transparency,eltd-fullscreen-search eltd-search-fade,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

与那嶺 隆之 (Takayuki Yonamine)

受験コーチ/ 学習塾コンサルタント

1990年8月生まれ。沖縄県出身。高3の9月から受験勉強をはじめる。はじめての模試の偏差値は38。1度は受験に挫折するも、あるとき本屋で手にした「勉強法」の本と出会い、効率のよい勉強法をすることで成績を上げられることを知る。

4ヶ月で英語の偏差値を70までのばし、1年間の自宅浪人をへて、早稲田大学に合格。大学1年のころから学習塾、予備校、そして通信教育のベンチャー企業にて指導スキル、マーケティング、経営スキルをみがく。

「だれでも結果がだせる勉強法をひろめたい」という思いから、予備校にかよわず参考書学習のみで大学に合格した経験と、書店にならぶあらゆる勉強法の理論をまとめた勉強法サイト「独学ラボ」をたちあげる。

サイトはたちまち人気に火がつき、毎日1万人がおとずれる人気サイトに。「ユメタン」のキムタツ先生や、「入試現代文へのアクセス』の著者など、大手予備校講師やベストセラー作家からもオススメされるウェブサイトになる。

現在は学習塾や予備校、通信教育会社のコンサルティングもおこない、より質の高い教育・勉強法を世にひろめるための活動をおこなっている。定期的に東京・大阪でセミナーを開催。受験生に「効率的な勉強法」や「成功する思考法」をつたえている。

大学受験を「心技体全てを鍛えられ、大学に行っても仕事をするようになっても一生役立つスキルが身につく最高の機会」とかんがえ、単なるノウハウやテクニックだけではなく、考え方、思考法、自己管理法、メンタルトレーニング、睡眠管理、食事管理など、ありとあらゆるパフォーマンスアップ法を受験生につたえている。

STORY ストーリー

偏差値38から早稲田大学へ

はじめまして。与那嶺隆之(よなみねたかゆき)と申します。僕は「E判定から第一志望へ逆転合格。人生を変革させる受験をしよう」をコンセプトに、受験コーチとして、そして学習塾コンサルタントとして活動しています。 僕には受験指導者とコンサルタントという両方の肩書きがあり、ややこしく感じるかもしれませんが、やっていることはとてもシンプルで、「より良い教育を広める」活動やお手伝いをしています。具体的に何をしているのかというと、ブログやYouTube、メールマガジンを通して、効率の良い勉強法や、モチベーションを上げるテクニックを受験生に教えたり、通信講座を運営して、全国の受験生を大学合格へ導く活動をしています。 僕はとある事情で、高3の9月という遅い時期から大学受験をスタートしました。当時は本気で勉強に取り組もうとは思っておらず、10月に受けた模擬試験では偏差値38のE判定を取りました。一度は絶望し受験勉強を諦めかけたのですが、たまたま本屋で手に取った勉強法の本を読みました。その本には「受験は頭の良し悪しではなく要領と工夫次第」という事が書かれていました。 「勉強法を変えれば成績が上がるかもしれない。」そう思った僕は勉強法を研究して、勉強のやり方を根本から変えることにしたのです。英語の勉強法を変えてから約2ヶ月で早稲田大学の英語も読めるようになり、かつては「自分なんかが早稲田大学に行けるわけない」と思っていた自分が「努力すれば早稲田にも行ける!」そう思えるようになりました。そこから1年の自宅浪人を経て、早稲田大学に合格しました。

通信教育の可能性探求

大学生になった僕は、学習塾、家庭教師、通信教育のベンチャー企業などあらゆる教育事業に関わるようになりました。そこで僕がテーマにしていたのは「通信教育の可能性」です。 沖縄のように予備校や学習塾が少ない地域の受験生でも、都市部の学生と同じような教育が受けられるようになるためには・・・。僕が大学1年生になる年は「スマートフォン元年」と呼べるほど一気にスマホが普及した年でした。「これからの時代はより一層インターネットを使った教育が主流になる。」そう考えた僕は、通信教育に大きな可能性を感じ、あらゆるインターネット教育事業、通信教育を研究し始めました。 インターネットを使った教育の一環として、僕は勉強法を学べるサイトを作ることにしました。それがこのサイトです。僕が読んできた何百冊という本の中から抽出した成績アップのエッセンスを体系的にまとめたブログは、立ち上げて3ヶ月ほどから人気が爆発。年間300万以上のアクセスが来るようになりました。 その他にも、「ユメタン」著者で灘高の木村達哉(通称キムタツ)先生がブログで紹介してくださったり、『入試現代文へのアクセス』著者の河合塾講師の先生も講義の中で僕のブログ記事を受験生に読むように指示したりと、受験生だけでなく先生の方からも支持されるようになりました。 ブログやYouTubeだけでなく、自身が有料にて受験生を指導するオンライン教育事業を2014年に初めて立ち上げました。インターネットを使って参考書による自学自習を「心技体」などあらゆる面からサポートする指導プログラムです。 日本全国、中にはオーストラリア留学中の高校生も僕のプログラムを受講して法政大学に合格したり、2浪目で9月まで勉強をしてこなかった浪人生がお茶の水女子大学に合格したりなど、オンラインのみの指導でも確かな成果を残すことが出来ることをこの時僕は確信することが出来ました。

学習塾のコンサルティング、そして絶望へ

2015年からは学習塾や予備校のコンサルティングを始めました。僕だけの力では、指導できる受験生に限りがあるからです。教育者側、教育機関側をサポートさせて頂き、より良い教育が広まったほうが、多くの受験生を合格に導くことが出来るようになると考えたからです。 しかし、そこで僕を待っていたのは深い絶望でした。大手予備校や有名な中小予備校の社員の話を聞いたり実際に見たりして思ったのは、大きな企業や有名な企業であるほど、利益を優先して、受験生の成績を上げることは二の次三の次になっているということでした。 ある予備校に勤務していた僕の早稲田大学時代の友人の話です。「社員のノルマとして、受験生に授業を取らせないといけない。自分としては、この子にこれ以上授業を取らせるよりも復習をさせてあげたいんだけど、そうすればするほど自分の業績は下がって上から怒られるんだよね・・・」ため息混じりに僕に相談してきた友人は3ヶ月後、その予備校を辞めてしまいました。 ある有名な予備校の参考書カリキュラムは誰も完遂したことがないそうです。実際、僕がやっても到底こなせないような大量の参考書を受験生にやらせている予備校はたくさんあります。似たようなエピソードは受験生、同業者からたくさん聞いてきました。それだけではなく、大手予備校や学習塾では、成績優秀者のみで合格実績が作られている事も知りました。

受験に合格するために必要なこと

受験生が合格するために本当に必要な事は何か?それは授業でもありません。キレイに整ったシステムでもありません。高級感のあるテキストでもありません。それらは本質ではありません。 合格に必要な事は「心技体」「生活」を充実させること。そして「良き指導者」に出会うこと。具体的には、自分でも合格できる!というマインドを持つこと。失敗してもくじけずに立ち上がる粘り強さを身につけること。不安を自分でコントロールできるようになること。自分のレベルに合った勉強をすること。基礎固めをすること。1冊の教材を完璧にすること。身体に良いものを食べて、適度に運動し、整理整頓されたきれいな空間で勉強し、十分な睡眠をとること。そして何より「この人のようになりたい!働きたい!生きたい」と思えるような人生の師(メンター)の下で勉強することです。 しかし、僕のこの理念に共感し実行している教育機関にはなかなか出会えませんでした。世の中の学習塾が行っているのはせいぜい「教科内容の提供」「勉強法の指導」程度。100人の生徒がいれば100個の問題があります。 人間関係で悩む人もいます。家族関係で悩む人もいます。自分のコンプレックスのために勉強が前に進まない人もいます。毎日ジャンクフードばかり食べて健康を害しやる気が出ない人もいます。受験勉強は、勉強に関係ないところで問題が起こっている事が多いのです。そういった問題に対して、英語を教えるとか、単語の覚え方を教えることで解決することはできません。 とはいえ「勉強以外のメンタルや健康」にまで踏み込んで受験生と向き合う人となかなか出会うことが出来ず、「ここまでこだわる自分が変なのか?間違っているのか?」と苦悩する日々が続きました。

心技体、そして生活面まで指導する理想的な塾との出会い

そんなある日、とある縁で僕は大阪府枚方市にある学習塾に赴くことになりました。それは10万部以上のベストセラーシリーズ『E判定からの大逆転勉強法』など多数の本を出版している学習塾「大学受験塾ミスターステップアップ」。 この塾は、塾生に身体にやさしい無添加・人口調味料不使用のおいしいごはんを食べさせてあげるためだけに社員食堂を作るほどに、食にこだわっている塾でした。他にも「受験は心理戦」「受験は場外戦」という合言葉の下、徹底したメンタル指導や健康指導を行い、受験生をあらゆる面から総合的にサポートしていました。 この塾はまさに僕が理想としている指導法を体現している・・・!僕は衝撃とともに、やっと出会えた理想の教育の在り方を実現している塾との出会いに大きな喜びを感じました。 ちょうどその頃、大学受験塾ミスターステップアップでは、通信教育を拡大させていこうという流れがあり、塾の創始者「南極老人」も、通信教育を広めていくのが長年の悲願でした。僕は南極老人と話をさせて頂き、理想の通信教育の在り方を語り合い、お互いの向いている方向が全く一緒であることに気付いた僕らは、一緒に通信講座を運営していくことになりました。 現在僕は、大学受験塾ミスターステップアップとともに「通信講座」を運営しています。『E判定からの大逆転勉強法』や独学ラボで伝えている勉強法、マインド、考え方、健康管理、人間関係など、仕事にも活きる一生モノのスキルを受験生に伝えていくために、日夜指導に明け暮れています。 自分の努力が実を結ぶ。そんな当たり前の事が、当たり前の世の中に。自分の夢目標を実現できる世の中になることを目指して、僕は受験生に勉強法を教え続けていきたいと思っています。