HERO’S METHOD
逆転合格の秘訣は「心・技・体・生活」を正すこと

成績が上がらないことに、頭の良し悪しは関係ありません。「正しい勉強法」を学べばだれでも成績をアップさせ、逆転合格することができます。「正しい勉強法」とは「心・技・体・生活」すべてを強化することです。この勉強法をHERO’S METHODと呼んでいます。

  • 01 心(精神力) / MINDSET

逆転合格するためにもっとも重要なものはマインドセットです。低偏差値から逆転合格するために最も必要なことは「自分にはできない」という思い込みを捨てることです。未来の可能性を信じられない状態では、逆転合格することが絶対にできません。合格できないと思えば本当に合格できません。逆に「自分なら絶対に合格できる!合格する!」と覚悟を決めている人は本当に合格することができます。

今までの過去や経験はまったく関係ありません。僕は中学受験したことがないし、高校受験は推薦だったので1度も受験勉強をしませんでした(一応受けたテストは数学が8点でした笑)。高3の10月に受けた河合の模試は偏差値38です。おまけに家にお金はなかったので塾や予備校には通えませんでした。先輩で早稲田大学など難関大学に合格した人はほぼいません。ぼくの高3のときのクラスで大学受験をする人はたったの4人でした。

いかがでしょうか?当時のぼくには早稲田大学に合格できる根拠は一切ありませんでした。成功体験も、お金も、教育機関も、環境も、仲間もいませんでした。過去、勉強でうまくいったことはないし勉強したことはほぼなかったし、部活でも優秀な成績をとったことはありませんでした。

それでもぼくはマインドセットを変え「自分でも必ず合格できる!」という確信を持ち、自分で自分のやる気を上げて、毎日猛勉強して合格をつかみ取りました。マインドセットを変えることで、自分に自信がない人でも「自分ならなんでもできる」というマインドを身に付け毎日合格に向けて勉強できるようになります。

  • 02 技(戦略・勉強法) / STRATEGY・TECHINIQUE

HERO’S METHODではストラテジー(戦略)や勉強法テクニックも重視していきます。いくらやる気があり猛勉強していても、その勉強が非効率的なものだと成果は出ないからです。

ぼくは偏差値38の状態から4ヶ月で英語を偏差値70まで伸ばすことに成功しましたが、その秘密はなんといってもムダのない効率的な戦略・勉強法・教材で勉強することができたからです。

一冊の教材を完璧にすること、1秒記憶法、セルフレクチャー、センター試験重視、英数重視、過去問重視など様々な戦略や方法があります。詳しくはブログやメルマガでお伝えしています。

  • 03 体(体調管理)  / BODY

多くの受験生がその重要性を認識しておらず、塾予備校でも指導されることがないのが、この身体作りです。具体的に言えば、食事、運動、睡眠、ストレスケアなどのこと。一流アスリートや一流の経営者ほど、自らの体調管理やコンディション作りにひじょうにこだわっています。なぜか?良い成果を出すには、良い状態であることが大前提であることを深く理解しているからです。

たとえば「3日坊主」という言葉があります。勉強を始めてもなかなか受験生は継続できません。その原因を多くの受験生は「気合いがたりない」「やる気が足りない」「続けられない性格」としてしまうのですが、本当の原因は上にあげたようなものだったりします。

このことを知らないために、多くの受験生は毎日猛勉強をすることができません。あるいは3日坊主、長くても1週間くらいしかやる気や集中力をキープすることができません。このように勉強時間にムラがあるようでは、逆転合格は夢のまた夢です。HERO’S METHODではこの状態作りを非常に大切にしています。いくらやる気があっても、身体がボロボロの状態で睡眠不足、食生活もめちゃめちゃな状態では、良い勉強なんてできるわけがないのです。

ぼくはもともと、自宅で勉強する習慣がまったくありませんでした。高校生のときに自宅で勉強した記憶がなく、受験勉強を始めても自宅で勉強を継続することができず、すぐマンガやゲームに走ってしまいました。

自宅浪人を始めてからは、ぼくは勉強部屋を集中できるようにカスタマイズしたり、食事に気を使ったり、熟睡できるような工夫を10個ほど行ったり、運動をして身体が凝らないようにしていました。そういう習慣作りを徹底していると、やる気は特になくても毎日安定して10時間勉強ができるようになりました。調子の良い時は14時間〜15時間勉強する日もあったくらいです。

このコンディション作りを徹底することは、逆転合格には必要不可欠です。そして、大学に入って仕事をするようになっても、一生役に立つスキルであることを断言します。なぜなら、このコンディション作りは成果を出すためにはビジネスマンもアスリートも必ず必要な「土台」だからです。

  • 04 生活(生活習慣) / LIFE STYLE

最後に重要なピースが「ライフスタイル」つまりどういう生活習慣を持つかということです。具体的には、人間関係、生活習慣、掃除など自分の環境や生活習慣を万全にして勉強へのエネルギーを最大限保つことが、成功には不可欠です。

不合格になる受験生はたいてい、人間関係が破綻している、起床時間がバラバラ、部屋が散らかっているなど、そもそもの土台となる生活習慣がガタガタです。生活習慣が勉強習慣の土台になりますから、ライフスタイルがガタガタだと、当然勉強もうまくいきません。

そこでHERO’S METHODではライフスタイル、どういう生活をしていくかも重要視していきます。ぼくたちは受験生の前に一人の人間であり、それぞれの人生を歩んでいます。勉強の前にまず人生そのもの、生活そのものが充実していなければ、充実した勉強を行うこともできないのです。