Search
日本史 – HERO ACADEMY
37
archive,category,category-japanese-history,category-37,eltd-core-1.2,woly child-child-ver-1.0.0,woly-ver-1.2,eltd-smooth-scroll,eltd-smooth-page-transitions,eltd-mimic-ajax,eltd-grid-1000,eltd-blog-installed,eltd-main-style1,eltd-disable-fullscreen-menu-opener,eltd-header-standard,eltd-sticky-header-on-scroll-up,eltd-default-mobile-header,eltd-sticky-up-mobile-header,eltd-menu-item-first-level-bg-color,eltd-dropdown-default,eltd-,eltd-header-standard-disable-transparency,eltd-fullscreen-search eltd-search-fade,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

日本史

HERO ACADEMY / 社会  / 日本史

偏差値40からでもセンター9割早慶に合格する日本史勉強法

センター試験から二次私大を攻略するための日本史の勉強法を解説します。

日本史は小学生の頃から馴染み深い科目。そのため、日本史を選ぶ人は多いと思います。ただ、昔から学んでいる科目だからこそ、難しい用語も出題されますし、知識の運用レベルも高いです。日本史を選択する人は本腰入れて学習に取り組んでほしいと思います。

日本史の勉強法の大きな流れは世界史と同じ。

  1. 流れ・イメージを掴む
  2. メインテキストで用語を覚える
  3. 過去問演習や文化史対策などをする

日本史は初めからイメージがつかめている人も多いので、いきなり教科書暗記などに入れる人も多いでしょう。今回は「授業はついていける」人がセンター高得点・二次私大対策としての勉強法を解説していきます。

日本史タテヨコ総整理 新装版の使い方

日本史タテヨコ総整理 新装版 (大学JUKEN新書)日本史の基礎用語だけを覚えたい。とにかく日本史が苦手なのであまり重い参考書は避けたい。

そんな人にオススメなのが『日本史タテヨコ総整理 新装版』です。

タテ(時代)とヨコ(分野)ごとにまとめと一問一答があるという、まとめ型一問一答です。

収録後数は約1000語とかなり少なめですが、それだけサクサク覚えられるし完璧に覚えやすい。

1冊目の一問一答として使用して、本書を覚えたら東進などの一問一答に移るという使い方をしてもいいでしょう。

今回は『日本史タテヨコ総整理 新装版』の使い方を解説していきます。

石川日本史B講義の実況中継の「2段構え」の使い方

NEW石川日本史B講義の実況中継(1) 原始~古代     実況中継シリーズ教科書だけでは流れがわからない。細かい用語の説明が不十分だ。

早慶上智・東大レベルの日本史を攻略するために詳しく流れを読み解いていきたい。

そんな人におすすめなのが『石川の日本史B講義の実況中継』シリーズです。

この本は教科書よりも砕けた「語り口調」で日本史の流れを解説した本です。

難関大学を目指す人が使うには普通「教科書はひと通り勉強してから実況中継を読む」が最近のセオリー。

でも、付属CDを上手く使うことで、スキマ時間を使いながらラクラクと通史をマスターすることも可能です。

独学ラボ限定「2段構え」の実況中継の使い方を解説します。 

『超速!最新日本史・日本近現代史の流れ』の使い方

超速!最新日本近現代史の流れ―つかみにくい近現代を一気に攻略! (大学受験合格請負シリーズ―超速TACTICS)日本史の流れがわからない…教科書が理解できない…さっさと通史を終わらせたい…。

そんな人におすすめなのが『超速!最新日本史の流れ』『超速!最新日本近現代史の流れ』の2冊です。

語り口調のやわらかい文体で、日本史の流れを「おおざっぱに」解説している本。

教科書を勉強する前に本書を読むことで、教科書を読んでも流れを理解しつつ用語を覚えていくことが出来ます。

本書の使い方、この後に使うべきおすすめ参考書などを解説します。

石川の日本史入門・日本近現代史入門の使い方

石川の日本史入門―「ニッポン」の誕生 (学研合格新書)日本史の通史を短期間で済ませたい。教科書を読む前に分かりやすい本で流れを理解しておきたい。

そんな人におすすめなのが『石川の日本史入門―「ニッポン」の誕生』『石川の日本近現代史入門―日本にとっての「近代」』の2冊です。

教科書は意外と難しく、通史をするには1ヶ月以上かかったりします。

この2冊の本は新書くらいの薄さで読むのに時間もかからないので、1週間以内で日本史の古代から現代まで一気に読み進めることが出来ます。

教科書や問題集をやる前に、あるいは授業を受けながら本書を読み進めていくことをオススメします。

今回は日本史入門の使い方を解説します。

日本史参考書おすすめ12選

日本史の参考書はたくさんあって、何を選べばいいかわからない。独学で勉強したいけど、教科書は理解できないし、どのように勉強すればいいかわからない。

そんな人におすすめできる参考書をまとめてみました。イメージをつけるマンガ、教科書の前に読むべき流れ理解本。

教科書暗記に最適な『書き込み教科書』や『一問一答』。あえておすすめする参考書を絞り、この記事を見てくださる人が迷わないようにしました。ぜひ参考にしてみてください。