Search
失敗する浪人生10個の特徴 10個のFAQ 7個のToDoリスト – HERO ACADEMY
1750
post-template-default,single,single-post,postid-1750,single-format-standard,eltd-core-1.2,woly child-child-ver-1.0.0,woly-ver-1.2,eltd-smooth-scroll,eltd-smooth-page-transitions,eltd-mimic-ajax,eltd-grid-1000,eltd-blog-installed,eltd-main-style1,eltd-disable-fullscreen-menu-opener,eltd-header-standard,eltd-sticky-header-on-scroll-up,eltd-default-mobile-header,eltd-sticky-up-mobile-header,eltd-menu-item-first-level-bg-color,eltd-dropdown-default,eltd-,eltd-header-standard-disable-transparency,eltd-fullscreen-search eltd-search-fade,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

Blog

HERO ACADEMY / 体験記  / 浪人  / 失敗する浪人生10個の特徴 10個のFAQ 7個のToDoリスト

失敗する浪人生10個の特徴 10個のFAQ 7個のToDoリスト

まだ早いかもしれないが、人によってはもう浪人が決まったかもしれない。

一応受験はするけど、浪人がほぼ決まっている人がいるかもしれない。 いま、来る試験に向けて勉強を頑張っている人はこの記事を読まないでほしい。無駄な雑念が生じるかもしれないからだ。この記事を読む時間があったら勉強してほしい。

今日は浪人を考えている高校3年生を対象に、浪人についての注意点などを解説していく。

スポンサーリンク

動画

こんな人は要注意? 落ちる浪人生の10個の特徴

私自身は浪人(自宅浪人)で大学受験をした。

1浪して早稲田に合格。そのあと、様々な受験生を見てきた。浪人生も多く見てきた。その中で、「こういった人は浪人したらまずい」という特徴を挙げてみる。

  • 自分がなぜ浪人したのかわかっていない・反省してない人
  • 大した志望理由がない人
  • 全落ちでどこも受からなかった人
  • センターも一般もなぜか受験しなかった人
  • 現役時に全力を出さなかった人
  • とりあえず予備校へ、と考えている人
  • 生活習慣が乱れがちな人
  • 携帯やネットが好きな人
  • 家族との関係が良くない人
  • 勉強仲間がいない人

自分がなぜ浪人したのかわからない人

「現役の時受からなかった」→「じゃあ浪人だね」→「浪人なら時間もあるし早慶くらい余裕っしょ」

こういった思考回路の人は浪人しても失敗する可能性が高いと思う。なぜか? 自分が現役の時に失敗した原因を反省していないからだ。自分のダメなところをそのままにして浪人しても、結局同じことの繰り返しになる。

なぜあなたは今年受からなかったのか? 浪人を決める前に、このことについて徹底的に反省するべきだ。

  • 勉強を始めるのが遅かった

あなたは大事なことをいつも後回しにする悪習慣がないか? 自覚できるならばまだOKだ。

まず面倒くさいことを先にやる習慣をつけること。手帳にきちんとメモして予定通りの行動をとるようにすること。でないと浪人しても失敗する。

「どのくらいの勉強を行えば合格できるのか」「いつから勉強をすれば合格できるのか」ということについて、認識が非常に甘い可能性もある。 「受験生必見!高2の3月、高3の5月8月10月の模試の目標と進捗目安」を見て、あなたの勉強計画がいかに杜撰で、認識が甘かったのかを確認しよう。

  • これくらいやれば受かるかなと思っていた

かなりきついことを言うが、あなたは甘い人間だ。現実的に物事を考えることができない。受験勉強は「なんとかならない」

あなたは周りやネットに載っていた情報に踊らされていなかったか? 周りがこれくらいしているから、自分もこれくらいやれば大丈夫だろう、と考えてはいなかったか?

全国の優秀な受験生を基準に物事を考えていなかったのではないか?1年浪人して成功したいなら、甘い考えは一切捨てて、超現実的に物事を考える習慣を付けなければならない。

  • 受験について全然知らなかった

受験勉強は情報戦だ。無知な人間は敗北する情報はお金を払ってでも手に入れるべきだ。基本的には書籍やプロの受験指導者からしか、情報を仕入れてはいけない。信頼性に足りる情報源のみ信用するようにしよう。

間違っても周りの受験生・大学生・ネットなどの情報を信用してはいけない。もちろん正しい情報もあるかもしれないが、大半は間違っているものだ。 私の知っているマンガでこのようなセリフがあった。

一流大学に通う人間はお金を払って情報を得る。三流大学に通う人間はただで情報を得ようとする。

  • 努力が足りなかった

そんなあなたは10日間、毎日10時間以上勉強してみてほしい。

それが出来ないなら浪人は諦めて、3月入試など、今からでも入れる大学に進学するべきだ。浪人しても無駄になる可能性が高い。 基本的に、浪人生は誰よりも努力しなければならない。努力できない人間は浪人してはいけない

これは当たりまえの話だ。「浪人して早稲田に合格!」などという言葉、結果だけを見て「自分も(大した努力なしでも)いけるかな」と考える人はたいてい1年後に絶望する。

私は低偏差値から早稲田大学に合格したが、2月20日にはもう受験勉強を始め、3月~7月までは相当に勉強した。1日16時間勉強したこともある毎月10冊程度の参考書を勉強した。 これくらいの勉強が出来ないならば初めから浪人するべきではない。ハッキリ言って私は全然努力してない方だ。 周りには毎日12時間以上勉強を1年間休まず続けた人もいる。

もちろん勉強時間なんてのは一つの基準でしかない。 毎日猛勉強するのは当たり前。その上で高い意識を保って効率よく勉強できる人間だけが合格する。 高校3年生の時、何も考えず適当に勉強をしていたのなら、浪人はしない方が良い。


ここまで読んで、それでも浪人したい人は、ノートに今年の反省を書けるだけ書いてみよう

なぜ今年は落ちたのか、今年と同じ失敗をしないためには何を改めるべきなのか。ノート5枚分くらいは書いてほしい。 この反省作業は精神的苦痛を伴うだろう。誰でも自分の欠点と向き合いたくないからだ。

しかし浪人生は自分のダメなところと真摯に向き合える精神的強さがないと成功できない。この作業が出来ない人は浪人をあきらめた方が良い。

私が見ている浪人生で、今年ほとんど勉強をせずに1年を終えた人がいるが、この人は自分の欠点と向き合うことが全く出来ていない。「毎日の反省を日記に書け」といっても何かと理由をつけて書きたがらない。こういった人間は成長しないので、変わらない限り成功することはないだろう。

大した志望理由がない人

明確な志望理由や大学に行きたい気持ちがない人は、必ず浪人生活のどこかで挫折する。

私がそうだった。最初は勉強を続けられても、どこかのタイミングで必ず勉強ができなくなる。 私は幸運にもなんとか細々と勉強を続けることができたが、きちんとした志望校への思いがない人は浪人をするべきではない。

毎日楽しく10時間勉強できるようになる!受験のやる気を出す9の方法」 でも述べたが、まずはやりたいこと、将来の夢をきちんと描いてから浪人をすることをおすすめする。遠回りのように感じるが、やりたいことをカチッと決めている人間は強い。

全落ちでどこも受からなかった人

これは単純な話だ。あまりに低成績の人間がたった1年で合格圏まで成績を伸ばすことは簡単ではない

ハッキリ言って偏差値30の人間が300日程度で偏差値70まで伸ばすことは、普通は不可能だ。私のように3教科ならまだしも、国公立の場合はほぼ不可能と言ってよい。

中には1年で0から難関国公立大学に合格する人もいるが、それはほんの一握りの人間だ。100人に1人以下の割合だろう。 そういった人は毎日14時間以上の勉強を平気でしているはずだ。

ほとんどの人はまずそれくらいの勉強が出来ない。だから現実的に不可能なのだ。 浪人生は2割3割しか伸びないという話がある。これは、もちろん浪人で勉強を続けることは難しいという理由もある。

しかし成績が伸びない人間が浪人しているという事実もあることを忘れてはならない。

今年どこも受からなかったあなたの勉強法は99.9%間違っている。それを抜本的に見直して修正しない限り、成績が伸びることは決してないだろうし、受かる確率も限りなく低いはずだ。

センターも一般もなぜか受験しなかった人

たまに、こういう人がいる。私も現役の頃はセンターは受けず、早稲田の文化構想学部1個だけ。あとは一切受けなかった。お金の無駄だと考えたからだ。

しかし、一切受験をしないとなると少し問題だ。こういった人は自分の実力を知るのを怖がる傾向にあるかもしれないからだ(私にも若干そのような傾向はあった)。

模試も今まであまり受けなかったとしたら相当ヤバいと思った方がいい。 上でも述べたが、浪人生活、ひいては受験勉強は自分の弱点を向き合うことの繰り返しだ

これが普通に出来ない人はまず間違いなく浪人生活、というか受験勉強に向いていない。やめた方がいいだろう。

現役時に全力を出さなかった人

もう今年はあきらめて浪人して頑張ろう」 。

残念ながらこういう人は浪人危険信号だ。12月とか1月とか、まだ受験も始まっていない時期に浪人を決めている人は大半が危うい。最近も私の元に浪人を決めて相談をしに来た人がいる。

現役時に一生懸命勉強できなかった人が、浪人してすぐに一生懸命になれるだろうか? 早々にあきらめた人は、浪人時にも早々にあきらめるかもしれない。

と、ここまで偉そうに言っているが、私は現役時代はあまり一生懸命に勉強しなかった。 勉強を開始するのがあまりに遅すぎたため、12月頃には浪人を視野に入れながら勉強をしていた。

こんな人はかなり危険なので今すぐに考えを改めていただきたい。 私は2月頃にこの考えを反省する機会が幸運にも持てた。だからめいいっぱい反省し、誰よりも早く浪人生活を始め、3月からフルスロットルで受験勉強を開始した。

私は本当に幸運だった。 もしこの特徴にあなたが当てはまっていたら、反省してほしい。そして今すぐ全力を出して受験勉強に取り掛かってほしい。今すぐ勉強に全力を出せるなら心配はいらない。それが出来ないなら浪人はやめた方がいい。

とりあえず予備校へ、と考えている人

予備校に通うならば、あなたの取る授業があなたの志望大学合格にどう直結しているかを説明してほしい。

なぜその授業を取るのか、説得力のある説明ができるだろうか? これが出来ない人は普段から考える習慣が付いていない思考が停止してしまっている

考える習慣がない人が、本当に成績を伸ばすことができる(=頭が良くなる)だろうか? 根拠を持って予備校に通うことが出来ないなら、非常に残念だがあなたは何万円もする受講料を、ひいては年100万円以上もするという浪人費用をドブに捨てることになるかもしれない。浪人生活はやめた方がいい。

最近は様々な人が「予備校はだめだ」という主張をしている。私はそれは極論だと思う。有効活用できるならば予備校でも塾にでも通えばいい。ただし、有効活用できるならだ。何の考えもなしに授業を取るのは、非常に非効率だ。

私も、いま浪人するならば予備校に通うかもしれない。ただし基本は参考書で勉強し、苦手科目や「志望大対策」などピンポイントの科目を取るだろう。参考書で勉強できるものをわざわざ授業で取ったりはしない。

予備校に行かないと不安、自宅で勉強できるか不安、などと考えるのもナンセンスだ。浪人生活を考え直した方がいい。なぜナンセンスなのかは自分で考えてみよう。そもそも不安になるポイントが間違っている。

生活習慣が乱れがちな人

浪人生活は思った以上に生活習慣の維持が大変だ。

学校に通っていたころのように、時間的拘束がない代わりに、好きなだけダラダラできる。これが落とし穴になる。 多くの人はまず生活習慣が大いに乱れる。睡眠サイクルがばらばらになる。

こうなってしまってはまともに勉強することもできなくなる。 私自身も非常にダラダラした性格なので、浪人する際はこの点を大いに反省し、ここまでやるかというほど努力して生活習慣の維持に努めた。

自己管理能力がない人間が浪人生活を成功させることは出来ない

携帯やネットが好きな人

勉強時間が減る、誤った情報に流される。

当たり前の話だが、携帯をいじる時間が増えれば増えるほど合格が遠のく。 浪人生活を成功させたいなら、携帯やPC、ネットなどの娯楽は1日30分以内に押さえるべきだ。それが出来ないなら浪人はしない方がいい。

家族との関係が良くない人

浪人生活において、家族との関係は最も重要だといってよい。

浪人生活は極度に人との交流が減るので、家族とのコミュニケーションが精神的健康を保つのに大いに影響する。 たまーにいるのだが、18歳、19歳頃になって遅めの反抗期に入る人がいる。

こういった人は残念ながらもうアウトと言うしかない。家族との関係がうまく行かない人は受験もうまくいかないことが多い。 まずメンタルが安定しないし、家族を言い訳にして勉強のやる気が下がる。勉強しない。こういう浪人生を本当にたくさん見てきたが、満足のいく受験結果になった人は一人もいなかった。

これらを言い換えると、精神年齢の低い人間は合格しにくいということだ。精神的に熟成していない人は浪人生活もうまくいかない傾向があるような気がする。これは私の個人的な感覚だ。

家族との関係もそうだし、受験に対する甘い認識などもそうだ。いつまでも子供気分の人間は受験で良い結果を出すことは難しいと思う。

勉強仲間や本当に信頼できる友人がいない人

人間は弱い。孤独に耐えて1年間努力できる人などはそう多くない。受験勉強は辛いものだ。だからこそ一緒に頑張る仲間が必要だ。私は受験仲間に救われた。彼らがいなかったら受かってなかったといってもいいくらいだ。

仲間がいるから日々頑張ることができた。つらい時に励まされたこともあった。こうした勉強仲間を作ることは浪人生活において最も重要なことの一つだ。 勉強仲間はいなくても、本当に信頼できる、愛せる友人がいれば問題はないかもしれない。気

兼ねなく話をしたり遊ぶことのできる友人がいたら、絶対に大事にしよう。そのつながりは何物にも代えがたいものだ。 私には月に2,3回テニスをしたり釣りに行ったりしてくれる親友がいた。彼がいたおかげで毎週メリハリのある勉強を続けることができたし、寂しいと思うこともなかった。

逆に、なんとなく暇つぶしのためだけの友人などは必要ない。刹那的な遊びだけを共有する、お互いの都合の良いように利用し合う友人(と言っていいかわからないが)はあなたのためにならない。昔、親に言われて嫌だった言葉だが、浪人生活においては「友人は選んだ方がいい」。

浪人についての10個のFAQ

浪人についてよくある質問と回答(FAQ)を紹介する。

予備校には行くべきか?

目的と理由を持って通えるなら良い。

先述のように、予備校には目的と理由を持って行こう。

「みんなが行くから」「とりあえず」のような気持ちで受講する人は、残念ながら合格を手にすることは難しい。 まず予備校の授業のシステムや、授業だけで成績が上がらないことを知らない人間は予備校に行くべきではないと思う。

もしあなたが授業を受けるだけで成績が上がると思っているなら、今すぐ考えを改めなければいけない。 このあたりの話はあまりに基本的なことなのだが、浪人するような人は知らないことが多いだろう。

そんな人は私がおすすめしている「おすすめの勉強法の参考書」を熟読して勉強してほしい。 成績が上がる仕組みがわからなければ、学力は一生上がることはない。そういった勉強技術を学んだうえで、目的を持って授業を取るならば大丈夫だろう。

参考書だけで勉強できるのか?

ほとんどの試験では問題ない。

予備校に行かないと不安になる人はそれでもいるだろう。「参考書だけで勉強は可能なのか?」こういった問いは当然だ。 大学受験の勉強は、ほとんど書店で売られている参考書による学習でカバーできるといってよい。

少なくとも私は予備校に一度も行ったことがない。それでも英語は偏差値70まで伸ばした。高校でもまともに世界史の授業を聞かず、現役時は3割しか取れなかった世界史も、浪人時は早稲田の世界史で9割取ることができた。

少なくとも英語・国語・社会に関しては参考書だけで十分学習ができる。理数系科目については、さすがに独学では難しい場面も出てくるはずだ。その時は個別で質問が出来るような塾・予備校に通うといいだろう。

ただし、参考書学習はリスクもある。それは勉強法が間違っていると一切学力が伸びないということだ。独学で勉強する問題点はここにある。間違った勉強をしていても、独学ではそれを指摘してくれる人がいない。

もちろん単純に勉強時間が稼げない問題もある。 自分では間違っていないと思うから、気にせずに勉強を続けてしまう。成績は伸びない。結果「自分は頭が悪いから独学なんて無理だ」となってしまう。

浪人するような学生は、特に現役時代どこも受からないような成績の人は、ほぼ間違いなく勉強スキルがない。勉強法を知らない人は予備校に行こうが参考書で勉強しようが関係ない。落ちるだけである。

結果、勉強スタイルはどうであれ、浪人するあなたが真っ先にやるべきことは勉強技術、勉強スキルを磨くことである。  

浪人して本当に成績は上がるのか?

正しい勉強をすれば当然成績は上がる。

このような質問が出てくること自体、あなたが確かな合格理論を持っていないことの証明だ。

正しい勉強をすれば成績は上がる。上がらないわけがない。成績の上がらない勉強は間違ったものだ。 ピアノをある程度練習すれば、誰でも上達する。毎日ランニングを続ければ体力がつく。

当たり前だ。勉強だって、勉強すれば当然成績は上がる。みんなが間違った勉強をしているだけだ。正しい勉強法が浸透していないせいで、このような疑問が生まれてしまう。

浪人しても成績が上がらないのは、「①間違った勉強をしている」「②勉強時間が足りない」のどちらかに大別できる。正しい勉強を長時間行うことができれば成績が上がらないわけがない。私は勉強するだけ成績が上がった。

成績が上がるかどうかを心配する前に、成績の上げ方を今すぐ学ぶべきだ。  

何時間勉強しなければいけないのか?

出来る限り勉強するしかない。

この質問は落ちる質問の一つといっていい。非常にナンセンスだ。

そもそも、何時間勉強すれば合格できるのか計算出来ない人は合格しづらい。 巷では「○時間で受かる」「毎日14時間以上やれ」など様々な情報が飛び交っているが、どれも的外れだ。

勉強を時間だけで測っていること自体間違いなのだ。14時間勉強しても落ちる人は落ちるし、6時間の勉強で受かる人は受かる。 何時間必要なのかは100人いれば100通りだ。

その人の成績にもよるし、学習効率にもよる。 1日に使える時間はめいいっぱい勉強する。浪人生のあなたはこれだけ考えればよい。余計なことは考えてはいけない。出ないと1年後に絶対後悔する。勉強しすぎて困ることなんてないのだ。  

浪人にはどれくらいの費用がかかるのか?

20万~数百万かかることもある。

家庭が裕福でない人や保護者にとって、浪人にかかる費用は死活問題だろう。予備校に通うと100万円程度はかかると言われている。仮に参考書のみで学習すると仮定して、最低限必要な費用を考えてみよう。

  • 模試の費用:2万~4万円(全統マーク模試or記述模試を受験する)
  • センター試験:1.2万円~1.8万円
  • 受験費用:私立で5個受ける場合17.5万円
  • 参考書:3万円~10万円(私は7万円くらいかかった)

宅浪して早稲田専願の場合。模試をマーク模試×3+センタープレ+早大プレと早慶模試で約3万円。センターで1.2万円。5個受験するなら17.5万円。参考書に7万程度かかるとする。合計28.7万円

もちろん人によって大きく上下するだろう。国公立志望の人なら模試にかかる費用や参考書により費用がかかる。逆に私立大学を受験しないならば受験費用は少なくなる。

予備校や塾やピンキリなので一概に計算することは出来ないが、単科で取るならそこまで費用はかからないだろう。フルで授業を取った場合は100万円程度かかると言われている。 他にも食費や交通費など雑費を考えると、地味に費用は増える。経済的な部分のみ考えれば、やはり宅浪が最もお金がかからないことになる。

しかし、浪人するということは将来働く年数が減ることも意味する。あなたが将来年収500万円程度の仕事ができるとした場合、1年働く期間が短くなるということは、そういうことだ。もちろん一流大学に入れば問題はないが、何年も浪人するのは割に合うのかどうかきちんと考えた方がいい。  

バイトはするべきか?

勉強時間を確保できるならしても良い。

お金がないならバイトをすればいい。上記の30万円のうちの一部くらいならバイトで稼いでもいいだろう。

特に受験費用は保護者に多大な負担を書けると思うので、受験費用だけでも自分で作れれば最高だ。 必要な勉強時間を維持しつつ、バイトの時間を捻出できるならしてもいいだろう。

ただし、生半可な覚悟では出来ない。強靭な体力と精神力がある人以外はおすすめしない。 幸運にも、バイトをしなくても浪人生活を送れるなら、親に十分感謝をしながらめいいっぱい勉強をすればいい。

「タイムイズマネー」と言われるが、受験勉強においては時間が何よりも大切だ。時間はお金を払ってでも買ったほうがいい。  

恋人は作ってもいいのか?

本人によるとしか言えない。

これは非常に難しい問題である。お互いが精神的に成熟し、きちんと自制できるのなら恋人がいても問題はないだろう。

和田式現役合格バイブル (新・受験勉強法シリーズ)』にも書いてあるが、恋人との関係はなるべくピュアなものであった方がいいかもしれない。男か女かどちらかが勉強に集中できなくなってしまうからだ。 また、さみしいからと言って安易に恋人を作ることもおすすめしない。  

宅浪はしない方がいいか?

極力しない方がよい。

私は、極力宅浪はすべきではないと考える。宅浪はうまくいかないことが多いからだ。

自己管理能力がない人は宅浪をするべきではない。 参考書で勉強するにしても、単科で塾・予備校に通ったり、自習室を借りるなど、勉強習慣を維持できる環境をなるべく作った方がいいだろう。

逆に、私のように自宅で勉強しないと集中できないという人もいる。私は図書館など外で勉強などできないタイプだった。外だと神経を使うからだ。 ここで、あえて超個人的な考えを述べると、自宅で勉強できないような人間が、大学に行って何を勉強するのか? と考えることもある。

今後の人生のためにも、自己管理能力を最大限まで高めるための努力は惜しんではならない。家で勉強出来ないから予備校や自習室を借りるというのは私はあまり同意することは出来ないのはこういう理由だ。 とはいえ、やはり環境は大切だ。外で勉強するほうが性に合っている人は、必ず集中できる環境を用意しておこう。

そして一人で勉強するのではなく、お互いに監視し励まし合える仲間を作っておくことをおすすめする。あなたがサボった時に注意してくれる仲間をぜひ作ろう。  

仮面浪人はどうなのか?

中途半端な気持ちでやるべきではない。

私自身は仮面浪人を経験したことはないが、仮面浪人をしている人を見たことはある。人それぞれ事情は異なるのだから、一概に結論付けることは出来ないが、相当の覚悟がない限りは仮面浪人はおすすめできないだろう

仮面浪人は中途半端になる恐れがある。保険があることはメリットにもなるが、逃げ道にもなるからデメリットにもなる。どうしようもない事情があって仮面浪人している人ならまだしも、どっちつかずな気持ちで、覚悟を決められないまま浪人している人は成功させることは難しいだろう。  

2浪(多浪)ってどうなの?

夢や目標があるなら恥じることなく頑張ればよい。

2浪だろうが3浪だろうが、あなたが恥を感じることは一切ない。恥じる気持ちや罪悪感があなたを苦しめているだろう。 あくまで私の考えを述べる。妥協してそれなりの大学に入る人よりも、自分のこだわりを持って浪人し続けるあなたはすごい。

私は素直にそう思う。 世の中の受験生を苦しめているのは、浪人は(特に多浪)は恥ずかしいという価値観だ。実際は、そこまで多くの人がそう思うわけではない。しかし当の本人たちは「見えない嘲笑」に苦しんでいるように見える。

もちろんなるべく早いうちに進学した方がいいに決まっているし、あまりに周りに迷惑をかけ続けているようなら考え直した方がいいかもしれない。

ただし、それでもあなた自身に夢があり、周りも応援してくれているなら、あなたが負い目を感じることはない。 逆に、ダラダラと夢も目的もなく浪人を続けている人は、私はさっさと進学した方がいいと思う。

今後うまくいく可能性は限りなく低いからだ。大学が全てではない。大学進学後が重要なのに、くだらない価値観やこだわりを捨てられないと損をするだろう。

私は過去に3浪の人(私と同い年だ)を指導したことがある。やはり彼も周りの目が気になっていたようだ。彼は孤独に耐えながら勉強をつづけ、偏差値40しかなかった2浪の夏から、1年半かけ、中央大学をセンター利用で合格するまでに成長した(センター英語196)。残念ながらあと一歩のところで早稲田大学に合格することは出来なかったが、彼は明治に進学せずに、働きながら公務員になるための勉強を続けている。私は彼のことを本当にすごいと思っている。

2浪以上になると、1浪の時の何倍もモチベーションの維持が難しくなってくる。様々なプレッシャーを跳ね返せる強いメンタルを持っている人でないと成功は不可能だ。

そもそもそのようなメンタルを持っている人は1浪の時で合格している。 じゃあ希望はないかと言うと、そのままでは希望はないだろう。強い人間にならなければならない。自己変革し、強いメンタリティ、豊かな人格を形成しなければ合格は不可能だ。 そのための努力を怠ってしまう人間が何年も浪人していくのを私は見てきている。

残念ながら、彼らがそのまま自分を変える努力をしないのであれば、未来はない。  

浪人生が今すぐやるべき7個のToDoリスト

浪人生活は始める前に勝負が決まる

浪人する前にどれだけの反省と準備ができるかで合否は決まるのだ。 上記のように、「なぜ現役の時に受からなかったのか」を完璧に反省出来ない人は、浪人しても受からない可能性が高い。その時点で、もうほとんど落ちるのがわかる。

こうすれば受かるという合格理論を持て!

なぜ落ちたのかをきちんと認識すること。そして逆にどのように勉強すれば受かるのか。どのような人間が合格するのか。

これがわかれば合格可能性は限りなく高まる。浪人生はまず合格理論を固めるべきだ。 私は1月20日から浪人生活を始めた。まずは徹底的に情報収集と勉強技術を磨いた。

3月に入る頃には「こうすれば受かる」といった合格への方程式がはっきり見えていた。浪人生活を始める前にもう勝負は決まっていたのだ。  

受験する前に受かる完璧な戦略と計画を立てろ

次に、無計画に勉強する人間も落ちる。浪人生に「今年はどんな計画で勉強するの?」と聞けば、その子の合格率はだいたいわかる。まともに計画を立てていない人間はほとんど落ちる。

私は3月の時点で、まず合格までのどの参考書をどの順で勉強するかを決めた。もちろん過去問分析の上でだ。早稲田合格にはどのテキストが何冊必要なのか、徹底的に調査してリストアップした。
次に、毎月何を勉強するかを決めた。想定する各参考書の所要時間を計算してだ。毎月300時間勉強するなら、このテキストは約50時間かかるだろう、これは30時間…というように計算して計画を立てた。所要時間は見開き1ページ分だけ勉強すればだいたいわかる。もちろん復習にかける時間も想定する。

計算では、11月までには必要な勉強を全て終えて、合格点が取れるように計画を立てた。余裕を持って計画を立てれば、遅れが出てもカバーできるからだ。

実際、私は浪人の8月9月に大きな挫折を経験しほぼ勉強時間は0だった。しかし3月から7月までの猛烈な勉強貯金のおかげもあってなんとか合格することができた。

あの時見積もりを甘く見て、1月頃に合格点が取れるような計画を立てていたら私は不合格になっていただろう。 計画を立てるには徹底的な過去問分析が必要だ。

そして参考書で勉強する場合、正確な参考書知識が必要だ。これらの2つを十分に満たしてくれる本は「知らないと100%落ちる赤本の使い方の基本」でも紹介した。

赤本の使い方 (大学受験合格請負シリーズ)』と『親と子の最新大学受験情報講座(文系編・3訂版)』は浪人生の必携バイブルだ。 この2つが満足にできないようなら、私は浪人を勧めない。無計画に勉強することは宝くじを買って3億円が出ないかなぁ…と期待するようなものだ。ただ運任せに受験しているだけだ。「そんなまさか」と思う人が大半だろうが、私からすればそのようにしか見えない。

戦略なしに受験するとはそういうことだ。 自分の天命を運に任せたいなら止めはしないが、「無計画な勉強は宝くじの一等を期待するようなものだ」ということは忘れないでもらいたい。  

正しい勉強法・暗記スキルを高めろ

暗記が苦手な人は浪人生活はもちろん大学受験で成功することはない。暗記には確かなコツ、技術が存在する。暗記が苦手な人は以下の書籍を読んで暗記スキルを高めよう。

他の勉強法本については「おすすめの勉強法の参考書」を見て勉強しよう。

私は浪人時代数十冊の勉強法の本を読んで勉強した。「勉強法オタクになる」という意見もあるが、理論だけでなく実践する習慣があれば問題ないと考える。勉強法を学べば学ぶほど学習効率は上がるはずだ。  

3月に入る前に猛勉強を始めろ!

私立大学志望者で2月中に浪人が決まってしまった人は、2月中に猛勉強を始めるべきだ。

3月に浪人が決まった人も3月中に受験勉強を始めるべきだ。 よく予備校が始まる4月から受験勉強を始めればいいや、と言う人がいる。私はこれは危険な考えだと思う。

4月1日から勉強を始めた場合、残された日数は既に9か月と少ししかない(センターまで)。 あなたの成績から志望大学に合格するまで、果たして9か月で到達できるのだろうか? それらの見通しがあった上で決めているだろうか?

自分なりの勝算があって勉強開始時期を決めるならばいい。周りに合わせたり安易な認識から勉強開始時期を決めてはいけない。少しでもスタートが早いに越したことはない。

私は現役時の反省から「誰よりも早く勉強を始める」と決めていた。現役時代は9月から勉強を始めたように、何をやるにしてもスタートが遅いという欠点があった。浪人を決めるときのその点を反省したからこそ、すぐに勉強を始めたのである。  

自宅でも勉強できる環境と勉強習慣を作れ!

予備校に行くにせよ塾に行くにせよ、自宅で勉強する機会はあるはずだ。

その時に「自宅では全く勉強できない」では困る。自宅でも勉強できる勉強習慣を作るべきだ。 「自宅で勉強できない」人の最大の特徴は「部屋が受験勉強仕様ではない」ということだ。

集中できないようなものが部屋に多いと、当然勉強に集中することは出来ない。

  • マンガ、雑誌、本がある
  • パソコン、テレビがある
  • 物であふれていて散らかっている

こういう人は、いますぐに部屋を大掃除しよう。勉強に関係ないものは全て片づけるくらいのつもりで掃除しよう自分の部屋を自習室のようにしてしまうのだ

私のいとこが浪人するといった時に、部屋に行ってみると愕然した覚えがある。まず机の上が勉強に関係ない物で溢れていた。机の上も下も、周りも物で溢れていてた。このような環境で勉強に集中することは難しい。 徹底的に部屋を大掃除し、机とその周りには勉強道具以外一切行いようにした。目に入る範囲に置いてもいけない。気が散るからだ。

「長時間勉強できる習慣を作る10個の技術」にも勉強習慣の作り方を書いているので、ぜひ参考にしてほしい。いずれにせよ、勉強習慣を作ることは受験生にとって必要不可欠だ。覚悟を決めて取り組んでほしい。  

ランニングと筋トレの習慣を作れ!

受験勉強は予想以上に体力が必要だ。じっとして高い集中力を維持するには実は体力が必要なのだ。疲れた時にも勉強するには屈強な体力が求められる。 部活を長年していて体力のある人は、長時間の勉強にも耐えられるのだ。

成績は低いけど部活を一生懸命やっていた人が逆転合格しやすいのは、一つには体力があるからだと言える。 特に浪人生は著しく体力が低下する。学校で体育などないので運動する機会がなくなる。

宅浪の場合は外出する機会もないので、どんどん筋肉量が落ちて身体が固くなっていく。 体力が衰えると、みるみる勉強習慣が崩れやすくなっていく。

浪人生が勉強を続けられないのは、この体力の衰えに一因があるのだ。 したがって、出来る限り毎日定期的な運動をしていくべきだ。

  • 週に3回程度、30分のランニングをする
  • 腕立て伏せや腹筋、背筋などの筋トレをする
  • 勉強の休憩時間や寝る前に柔軟をする

浪人生を成功させたいなら、運動の習慣を作らなければならない。これは絶対に必要なことだ。

特に元々運動が好きだった人が急に運動しなくなると、急に生活習慣が崩れてしまう。意識的に運動するようにしよう。 私はだいたい隔週の日曜日は友人とテニスをするようにしていた。

午前中に2時間~3時間、思いっきり体を動かして汗を流す。翌日は筋肉痛になってしまっていたが、体力の維持には最適だったようだ。 また出来る限り毎日、30分のランニングをしていた。

近くの母校である小学校まで走って帰ってくる。調子の良い時は1キロ先のブックオフまで行って帰ってくる。 高校生の時ランニングが嫌いで、部活の時ですらほとんど走らなかった私が、浪人生活の時にはきちんと走っていた。

運動しなくなっていたので、むしろランニングは気持ちよかったくらいだ。 勉強習慣と運動習慣はセットで考えてほしい。  

勉強仲間を作れ!

「1.10 勉強仲間や本当に信頼できる友人がいない人」で述べたように、受験勉強は孤独では続けられない。

一緒に頑張り励まし合える仲間が不可欠だ。1人でもいいので、意識が高く努力家の受験仲間を作るようにしよう。 同じ高校出身の人や、小学生、中学生の頃の友人。積極的に連絡を取ってみよう。

私が知っている浪人生でうまく行っていない人も、この受験仲間がほとんどいないことが多い。今まで仲良くなかった人も、この機会に連絡してみるのもいいだろう。

私が高校3年生の時、今までほとんど接点がなかったクラスメイトが浪人すると聞いて、たまに会って勉強する機会を設けてみた。自分の予想以上に気が合い、浪人時代を一緒に乗り越えてくれる大切な友人・仲間となった。お互いを利用するだけの関係ではなく、切磋琢磨できるような関係を作ってみよう。

最近ではTwitterやStudyPlusなどのSNSで気軽に受験生仲間を作ることができる。SNSは一長一短あるが、「StudyPlus」は真面目で努力家の人が多いように感じるので、ここで勉強仲間を作ることをおすすめする。  

 まとめ、応用と実践の提案

以上、どうだっただろうか。耳が痛いことばかりだったはずだ。

相当厳しい考えを持って浪人について解説した。もちろん私が書いたことが全てではないし正しいとは限らない。失敗する浪人のパターンに1個2個当てはまっていても合格するケースはある。

しかし、当てはまる特徴がなければないほど、受験に有利なことは間違いないと思う。この記事を読んでショックを受けた人はOK。それは自分の問題点を自覚できているからだ。途中で記事を読み飛ばした人に出来るアドバイスはない(そんな人はここを読んでいないだろうが)。      


スポンサーリンク

センター9割突破・早慶上智合格の秘訣を全てお教えします。

早稲田大学に合格するための勉強法Ebookセンター試験9割突破、早慶上智合格法をPDFにまとめてプレゼントします。今ならメルマガに登録すると以下の5大特典をプレゼントいたします。

  • 1.センター9割・早稲田合格の勉強法セミナー動画
  • 2.英語長文・現代文・古文 勉強法 PDF マニュアル
  • 3.各科目参考書カリキュラム PDF
  • 4.私立・国公立 年間スケジュール表 PDF
  • 5.モチベーション UP セミナー動画

さらに、今なら期間限定で

  • 1.英語解法マニュアル
  • 2.現代文 完全解放マニュアル
  • 3.古文・漢文 完全解法マニュアル

も無料でゲットできます。

メルマガは完全無料でいつでも配信解除することも出来ますので、まずはお気軽にご登録下さい^^

Ebookをダウンロード
偏差値38から早稲田逆転合格のヒミツを大暴露中。

偏差値38から1年で早稲田大学に逆転合格したよなたんが「グングン偏差値がアップする効率的勉強法」について無料でレクチャーしています。

  • 3ヶ月でセンター英語・数学で8割以上得点する勉強法とは?
  • 圧倒的に大差を付けて合格できる英語長文パラグラフリーディングの方法
  • 参考書は何周するべきか?ありがちな悩みにズバッと回答!
  • 英語国語数学の参考書カリキュラム2017年版を無料公開
今すぐ無料登録する
大逆転勉強法・限界突破勉強法が無料で実践できるメール講座

よなたん勝手にオススメメルマガシリーズ!今回は「E判定からの大逆転勉強法」の著者陣が運営している無料会員サイト&メルマガ「大逆転合格クラブ」のご紹介です。

  • 英数国理社5科目の参考書戦略チャート(全科目参考書ルートが分かる!)
  • モチベーションアップの会の授業動画を無料公開
  • 「潜在意識」を味方に付けE判定から京大に逆転合格した秘密

などを学ぶことが出来ます。要チェックです!

今すぐ無料登録する

64 Comments

  • 松田

    今年、浪人を決めた者です。早稲田大学志望です。全文読ませていただきました。私がこれから浪人する上で、反省すべき点、ショックを受けた点が多々あり、認識の甘さを感じました。とてもためになる内容で、何度も読み返し、今後に繋げさせていただきます。

    2014年3月13日 at 4:43 PM
  • レイナ

    3浪が決定した者です。看護学校を目指しています。
    もっと早く読んでおきたかったです!多浪について書かれていた事が正に自分で恥じることはないという言葉に泣いてしまいました…
    そして自分がどれだけ甘い人間なのかも思い知りました。
    まだ見ていらっしゃるか分かりませんが大事な事を気づかせてもらったのでコメントしました!

    2015年1月20日 at 10:56 PM
      • レイナ

        お返事ありがとうございます!
        本当ですか!嬉しいです!

        2015年1月24日 at 3:58 AM
  • Pingback:2月のこの時期に浪人を考えている人、集合~ | 與那嶺隆之公式ブログ
  • 今年現役

    今年国公立受けますが、センターの結果から合格可能性低いと思っているため浪人を視野にいれて考えているものです。

    記事に書かれていたように浪人を考えるなら今から毎日10時間勉強するという意志の元頑張りたいと思っています。
    英語が弱いと思ったため、現在大岩の初めての英文法(超基礎)をやっているのですが、この後、基本はここだ!(代ゼミ)→大岩の初めての英文法(英語長文)→スマートリーディング→英文解釈の技術70と考えています。来年度のセンターで英語を8割取りたいと思っているのですが、そうなると3月中(4月の予備校通うまで)にはどの参考書プランをどの段階までこなせば良いでしょうか?

    大雑把な質問で申し訳ないのですが、ご回答のほどお願いしますm(_ _)m

    2015年2月9日 at 10:44 PM
  • 今年現役

    返信ありがとうございます!

    では英文解釈の勉強がある程度の段階まで進んだら長文の読み込みに入ろうと思います。
    それまでに英文解釈の勉強+単語力(ユメタン1レベル)をつけたいと思います。

    その場合の、長文の速単系教材と長文問題集は何から始めれば良いでしょうか?
    問題集の方は東進のレベル別問題集(1)から始めたいと思っているのですが、もう(3)やハイパーのセンターレベルの方から始めても大丈夫でしょうか?
    立て続けに質問で申し訳ないのですが、よろしくお願いしますm(_ _)m

    2015年2月12日 at 11:48 PM
  • Braveman

    僕は第一志望を中央大学の商学部にしていました。
    教科は国語、英語、政経です。
    センター試験から、国語が点が取れなくなり
    政経にも時間をかけなくてはいけなかったので、
    点数が全く本番ではとれませんでした。「自己採点で」

    今は受験で失敗したためなのか、
    自分の弱さと甘さにかなりのショックを受けました。
    自分が凡人だという事を認識しました。

    正直、自分の勉強方法には自信があったのですが
    自分に甘かったためやり遂げることができませんでした。
    無謀な勉強方法計画を立てて続かなかったのが「最大の敗因」と考えています。

    国語、英語、政経の勉強方法を知りたいです。

    2015年2月14日 at 11:33 PM
  • みーりこ

    浪人決定したものです。
    とても参考になりました。自分の現状、また浪人するということに対して
    見積もりや認識がまだまだ甘かったんだなと痛感しました。

    私は体力がなく、また家族間の関係にも悩みがありドキリとしながら読みましたが、
    早い段階でこの記事を読めたことに感謝して前向きに勉強したいと思います。
    今後も読み返して浪人生活に活かします!

    2015年2月16日 at 4:17 PM
  • 浪人です

    偏差値40そこそこの高校から関西大学を受けましたが、
    全く手が届かず落ちてしまいました。
    部活動を引退して、九月から塾に通い始めました。

    普段勉強なんて全くしてませんでしたが、
    自分なりに精一杯やったつもりでした。
    しかしそれでも届きませんでした。

    自分は勉強する癖がついてないし。
    やる時間も少ないからと言い訳を作っていました。
    この記事を拝見し、心がすごく痛かったです。

    部活動で筋肉はかなり付いていたのですが、
    引退してから減る一方で、
    体重は受験までで8キロ減りました。

    筋肉を戻したいな…と思いながら、勉強しなきゃな。
    と思っていたところ、筋トレが有効だと書かれていてすごく安心しました。
    精神的にももっと強くなれるように頑張ります。
    すごくいい記事だと思いました。

    2015年2月17日 at 4:14 PM
  • れのあ

    自分は高3の夏までの12年間、あるスポーツに全てを注いできました。その12年間は本当に辛い時期もありましたが人として本当にたくさんのことを学べました。努力の大切さも学びました。第一志望は高2の夏頃から決めていてできることからコツコツ始めていました。けれど、受験という意識はそれほどなく勉強に対してはサボってしまうことも多かったです。高3の9月からはクラブチームを引退し本格的に勉強を始めました。けれど、12年間友達と遊ぶことなど我慢してきたことが多いという自分の中の言い訳で学校の友達と遊んでしまったりしてしまうことが最初はありました。それでも、自分なりに頑張ってきたのですが、この記事を読んでやはり努力が足りなかったのだとすごく反省をしています。受験は全然手応えがなかったわけではなかったし、自己採点をしてみてももしかしたら合格できそうなボーダーまではいっていたと思っていたのですが、合格をすることができず自分のツメの甘さを改めて感じました。
    もし、浪人をすることになったらおそらく宅浪になると思うし、バイトもしてお金を貯めておかないといけないと思っています。この記事を読んできっと自分の想像を超える辛さがあるのだと思いました。でも、その辛さを乗り越えて頑張りたいと思いました。ありがとうございます。早稲田講師よなたんさんのお話をもっと聞きたいです。
    長文失礼いたしました。

    2015年2月19日 at 12:20 PM
  • 1浪

    今1浪です。

    今年関西大学と同志社大学を前期と中期で受けましたが全部落ちました。

    今年の3月から、予備校に通い自分なりには、勉強して、過去問も、常に8割から、9割はいつも取れていました。

    ですが、まさかの全落ち

    今から後期に向けて勉強しています。

    が、正直何をしたらいいのか、勉強が手に着きません。

    やはり、勉強方法が間違っていたんでしょうか?

    近畿大学に落として編入も考えています。

    2015年2月19日 at 5:12 PM
  • はじめまして

    第一志望は早稲田だったのですが、早慶はもちろんMARCHにもおち、成蹊大学の一校しかうかりませんでした。早稲田は昔からの憧れで他の大学に受かっても行かないと決めていたのですが、今すぐに大学生活を楽しみたい自分、浪人生活への不安がでてきてしまいました。この記事をみつけ、改めて考えてみたところ後悔したまま大学には行きたくない!早稲田にはいって夢を叶えたい!と思いました。10日間10時間以上誘惑に負けずに勉強することができたら、浪人し、できなかったら浪人を諦めることにします。

    2015年2月20日 at 1:49 AM
  • まめしば

    初めまして。浪人しようか迷ってます。
    もともと国立志望でしたが、
    センターで思うように点が取れず、
    私立一校と、前期に全く視野に
    入れてなかった公立大学に出願しました。
    私立は合格が分かり、前期はこれからですが、
    この二つなら私立に行きます。

    ただ、希望の大学に合格どころか
    出願すら出来ず、
    本当にこれでいいのかなという思いもあります。

    悪いのは全部自分です。
    恥ずかしい話ですが、中学生の頃まで
    中途半端に成績が良かったからか、
    ろくに勉強することなく高校に進学。
    勉強週間がほとんど付いていなかったため、
    高校入学後、周りとの差に気付き、
    踏ん張ればいいのにあっさり諦めて
    3年間を無駄に過ごしてしまいました。
    しかも、ネット依存症です。

    私立に受かるまでは、
    「受かったところに行けばいいし、ダメなら浪人しよう」
    と思ってましたが、私立に受かった時、
    嬉しいという気持ちよりも、
    「このまま何の努力もしないで
    大学に行ったら絶対ダメになる」
    という思いの方が大きかったです。

    それで、浪人しようかと思い始めたのですが、
    いろんな障害が…まず、計画の立て方です。
    自分は、計画を立てるのがとても苦手です。(失敗した原因の一つです)
    今まで、せっかく計画を立てても、いつも三日坊主で、とにかく続きません。
    なので、計画の立て方についてアドバイス頂きたいです。
    ちなみに、自分が今までやってきたのは、
    まず、期間を決めて参考書のページを割り振ったり、
    一日にやることを紙に書き出したりしましたが、
    全く続かないし、一度もこなせたことがありません。

    次に科目変更についてです。
    自分は理系で、浪人しても理系のままいこうと思ってます。
    理科は、化学、物理
    社会は地理を選択しました。
    ですが、物理、地理が苦手でセンターでも失敗しました。

    なので
    物理→生物
    地理→日本史にしようかと思ってます

    特に、物理がダメなので生物に
    変えるのはほぼ決まってますが、
    そうなると社会科目の変更は無謀かなと思います。
    ちなみに、生物は一年の時に基礎のみ、日本史は中学生以来です。
    理系で、志望校を変えなければ数学が数3までいります。

    最後にこれが一番悩んでいるのですが、親の説得です。
    この1年必死にやっていれば話は別ですが、
    前述の通り、自分の1年間の勉強態度は決して
    他人に褒められるようなものではありませんでした。
    なので、両親をどうやったら納得させられるのか悩んでます。
    とりあえず、前期までは前期の勉強を
    しっかりして終わったらすぐに、親に言うつもりです。
    親に、自分の気持ちをしっかり伝えようと思ってますが、
    果たしてそれで納得してもらえるのか…
    アドバイスお願いします。

    長々と失礼いたしました。

    2015年2月23日 at 7:06 PM
  • 受験を完全になめてたクソやろう

    立教と明治学院どちらもセンター利用、全学部、個別すべて落ちました
    どちらの大学もあまり過去問をやりませんでした
    センターは英語162、リスニング42、国語(漢文なしで)96(現代文76、古典20)、世界史79だったのですが浪人して早稲田に受かる可能性はどのくらいあると思いますか?(国語系が苦手、漢文まだ勉強したことがない、暗記はどちらかと言えば得意)

    返信宜しくお願いします

    2015年2月26日 at 12:33 AM
  • 現役

    自分は高3の4月から大手予備校に通い始め、
    10月いっぱいまで部活と両立してました。

    なので本格的に受験勉強を始めたのが11月からなのですが、
    自分は入塾した4月からやり切った自信がありました。

    本番でも、自信を持って望むことはできましたが、
    結果はすべり止め以外すべて不合格でした。

    正直、こんなにやったのにほとんど不合格だったのは、
    自分でも納得いきませんでした。

    しかし、この記事を読んで、
    そもそもの自分の勉強法が悪かったこと、
    始める時期が遅かったことなど、
    落ちた原因がいくつか分かってきました。

    これからはまず去年の受験生活の反省を
    細かくノートに書き、改善し、
    この一年の浪人生活につなげて行きたいと思います。

    2015年2月27日 at 12:22 PM
  • TAT

    一浪をしており、早稲田大学法学部志望だったのですが失敗しました
    明治の奨学生に一応選定されているのですがどうしても
    早稲田を諦めきれません。

    仮面浪人という道を選びたいのですが、きっぱりと二浪するべきなのでしょうか?

    ただ自分はどちらにせよ自分磨きと勉学の向上はなんとしてでも成し遂げ続ける気持ちです

    2015年3月5日 at 3:02 PM
  • TAT

    ちなみに自分は宮廷を目指してた国立志望でした

    今年の手応えは十分です

    追加してしまいすいません

    2015年3月5日 at 3:06 PM
  • TAT

    たびたび追加してすいません

    冬までは宮廷志望だったのですが途中から早稲田に行きたくなりました

    2015年3月5日 at 3:08 PM
  • TAT

    返信ありがとうございました 
    やっぱり自分は仮面をしてでも早稲田へいきたいという思いが
    強いので意思を固めて来年早稲田に挑みたいと思います

    がんばります!

    2015年3月5日 at 7:50 PM
  • 東大志望君

    現役の去年は東大の足切に及ばず前期東北大学,
    後期茨城大学を受け後期のみ合格,私立は理科大落ち。
    〈高1冬から受験勉強を始めました。(河合塾マナビス,東進衛星予備校)〉

    東大が諦めきれず今年度一浪,
    前期二日目が終わったその日から誰よりも
    早く予備校(駿台)に通い始めようと勉強を始めて,
    11か月10時間以上毎日勉強しました。

    結局今年去年と同じ足切を食らい,前期東工大受験。
    センターが終わってから一か月は
    辛いながらもなんとか(5時間/1日)勉強してました。

    私立は日大と理科大が受かり(親の希望で受けたのですが),
    東工大は落ちてしまいました。
    私立にはお金も高くなってしまうし東大で学びたい気持ちもあり
    入学金は振り込まないでもらいました。

    駄目だった原因は
    基本予備校の授業のペースに合わせて
    予習復習のみ(いずれも完璧ではない)で
    正確に自分で計画を立てなかったことと,
    模試での成績に毎回一喜一憂していたこと
    模試の成績について親と話し合ったりもできなかったこと
    (申し訳ない気持ちと隠したい気持ちで)
    あまり模試の復習も完璧にはできなかったこと(復習するのが怖かった)
    苦手なところを苦手なままにしてしまった
    整理ができなかった
    センターの演習不足,二次演習や研究問題また気になった
    問題に時間をかけすぎてしまったこと

    そのためもあり、核となる部分の徹底が甘かったこと
    (基本事項の暗記など(毎回毎回定義から導出したり))

    親との関係が最初はよかったが
    校長先生と三者面談などをしていく中で
    親に話しすぎなんじゃないかと言われ,
    それ以来ギクシャク直せず喧嘩ばかり
    自分の成績が上がらず親に隠すことが多くなった

    感謝はしているが恥ずかしくて
    ほとんど言葉にしたことはなく
    (予備校に毎日朝一番から夜最後まで勉強していることで示そうと思った)
    迷惑ばかりかけすぎて自立しないでいいのかと葛藤していた
    精神年齢が低い

    運動ももちろんしておらず(このサイトで知ったので)
    集中力が続かない時もあった,眠くなってしまうときも
    頭がオーバーヒートするときもあった
    (リフレッシュできなかった)

    気持ちに余裕を持てと担任や先生に何回も言われた
    (そんなこと言われても一年もないし親にも相当迷惑をかけている3月から
    全開で行くのは当たり前じゃないかと)

    自分に自信が持てないで1年過ごした
    勉強以外の様々な世間に対する不条理などを考えてしまった

    他にも駄目だった点はたくさんあると思います
    でも一つだけ自信があるのは大学でどんなことをしたいか
    東大の魅力その他受験した大学についても魅力をたくさん知っていることです

    (正確には直接講義を聞いたことがない先生などもいるので
    正しく知っているとは言い切れませんが)

    今年宅浪か何とか予備校にもう1年通おうか悩んでいます
    (通う場合は質問や添削対応,環境と情報源確保のために
    映像授業か何か安いものをとろうとしています)
    (宅浪の場合は今までの予備校の復習)

    どちらにしても家族とのチームワーク(感謝)と
    綿密な計画,自分の分析が必要だと思います(遅くても4月中ばまでには)
    友達に今年宅浪をして筑波受験で落ちてしまった(自信はあった)子がいますが
    偏った自分の分析方法だと失敗することもあるのかと分かりました

    まとまらなくてごめんなさい。何かアドバイスいただけますか?

    2015年3月9日 at 6:27 PM
  • モナコ

    まだ、後期試験の結果がでていませんが、
    考えておいてこしたことはないと思い、検索して、読ませていただきました。

    頭を鈍器でゴンと、殴られたようでした。
    2、3個ほど当てはまるところがあり、反省日記用のノートを作り始めました。

    私は理系の国公立を目指しています。
    センターは勿論今すぐにでも計画を立て、始めるつもりですが、二次対策もやはり、早め早めに行うのが、良いのですか?
    計画を立てるのがあまりにへたすぎて、どうしようかと、あたふたしています。

    2015年3月18日 at 8:49 PM
  • たんぽぽ

    今年浪人を決めました。
    最近浪人を決めたのに理由がわからなくなってすごく困っているときにこの記事を読ませてもらいました。そうしたら自分は浪人で失敗するタイプだとよくわかりました。
    この記事を読んだことは自分にとってすごく刺激になりました。もっと早く読めばよかったと後悔しています。
    これから自分のだめなとこと向きあい勉強を頑張ろうと思います。本当にありがとうございました。

    2015年3月24日 at 8:39 PM
  • 受験勉強2ヶ月

    僕は名前の通り、センターの2ヶ月前から勉強をはじめました。
    勿論そんなものでは学力十分であるはずもなく、全落ちしました。
    明日から予備校に行きますが、著者さんや皆さんの書き込みを読んで、自分の考えや見通しの甘さを痛感しました。ありがとうございます。
    7つの注意項目に目を通したところ、当てはまるものやそうでないものありましたが、ひとつひとつが心に刺さりました。ついさっきまで「一浪すりゃう受かるでしょ?」なんて考えていましたが、とんでもありませんね。
    これから予備校生活が始まりますが、辛くなったり甘くなったりしたときに、またここに戻ってきたいと思います。このサイトに出会えて本当に良かったです。

    2015年3月31日 at 7:07 PM
  • おちょ

    今年一浪が決まりました。この記事を読んで自分の勉強法や姿勢がいかにダメなのかがわかりました。
    この記事を書いてくださったことに本当に感謝しています。
    そこで質問なのですが、浪人が決まったわけでどのように勉強していくか、決めなければならないのですが、親は予備校のお金は出してくれるということで大変ありがたいのですが、僕個人としてはあまり予備校に行きたくありません。周りに人がいる中、少し精神的に負担で出来れば図書館など落ち着いた環境で勉強したいのです。著者さんがおすすめしてくれた学習の作法などを読み、勉強法というのを学ぶことが出来たので、それをもとに図書館で勉強したいのですが、本にもあったように勉強法をいち早く体に覚えさせるには予備校も1つの手だとあり、ここは素直に予備校に通うべきでしょうか?
    そもそも親が予備校に行かせてくれるというのに、行きたくないというのは行きたくても行けない方々からすれば大変わがままではありますが、アドバイスよろしくお願いいたします。

    2015年4月2日 at 9:06 PM
  • たけし

    このサイトはまだ見ていらっしゃるのでしょうか

    2016年4月1日 at 6:29 PM
  • ケイト

    この記事を読み僕自身去年受かっていたわけがないと思いました。
    3月から少しずつしかしていなく4月からは本格的に勉強を始めましたが、それでも遅いのだと実感しました。
    ただ部屋の片付けなどは三月にすることが出来ていたのでよかったです。
    今自分なりに勉強はしているのですが、正しい勉強法がわかりません。
    参考になるようなものがあれば教えていただきたいです。
    反省日記は今日から始めていこうと思います。この記事と出会えてよかったです。

    2016年4月16日 at 8:49 AM
  • 宅浪早稲田志望です。

    今年浪人が決まった宅浪の早稲田商学部志望の者です。
    浪人が決まってやる気もあるし、勉強したい意欲はあるのに、昼まで寝てしまいます。夜12時には寝ているのですが、起きたら昼の11時とかになっています。他の浪人生は朝から予備校に行ってると思ったらとても悔しいです。早く起きる対策を教えて頂けると嬉しく申し上げます。

    2016年4月16日 at 11:47 AM
  • 早稲田志望

    4月から浪人している者です。自分も早稲田への強い憧れから現役時は早稲田一本(教育、社学、文化構想)でした。もう4月の下旬ですが、「浪人早慶は余裕」という非常に甘い考えが頭の中にありましたが、こちらの記事をみて現実をしりました。受験が終わった次の日から来年を見据えて勉強をしているライバルがいるのにも関わらず、自分はなんて見通しが甘いのだと痛切に感じました。スタートが大変遅れてしまいましたが、こちらの記事の勉強方法や生活習慣の改善方法などを実践したいと思います。本当にありがとうございます。

    2016年4月23日 at 9:35 PM
  • あや

    30代40代50代、今まで受験と無縁だった人が挑戦することも可能?

    2016年6月19日 at 8:39 AM
  • 現役生男子

    僕は現役生なのですが、先週センターを終えました。
    駿台などの結果を見ると、判定は良くなくて後は二次を頑張らないとかなり危ないです。学部を変えると、割とまだ希望があるのですが、出来れば変えたくないです。
    今回、たまたまこの記事を読ませてもらい、とても自分に当てはまりやすいなと思ってしまいました。
    僕は、今全然親とうまく言っていないし、三年になってから仲の良かった友人たちと別クラスになって、精神的に病んでいた時もあって時々学校を休むという甘ったれたことをしていました。さらに、浪人をもししなければいけない場合、僕には味方の家族もいません。僕が子供なばっかりに、父親との関係が特にうまく言っていません。だからと言って、自分が困った時だけ頼るなんて最低だと思ってしまうし、金銭的にも厳しいかなと思ったりもします。今は、浪人なんて考えずに精一杯、二次試験に向けて頑張るべきです。でも、勉強中も時々ふっと、もしものことが頭に浮かんで不安でしょうがないです。
    こんなこと、自分でどうにかしないといけないのに、相談なんて申し訳ないです。
    予備校に行ったとしても、成績が上がらなかったらどうしよう。とか、かと言って宅浪して全く成果が上がらなかったら…とてんてこ舞いです。僕はどうしたらいいんだろう。
    正しい勉強法…今自分がやっていることは果たして意味があるのか不安です。
    ちなみに、二次試験の内容は国語記述のみです。学部を変更すると、数学と英語です。僕は、数学は割と取れるのですがかと言って英語は自信がないです。
    現在、国語を重点的にやっているのですが、と言ってもいまいちどーしたらいいかわからずノートに永遠と漢字を埋め尽くすのと、古文のテキストを解いて回答を見ながら理解という感じです。赤本もやってます。ほんと、効率のいい勉強とはどーしたらいいのでしょうか。
    そんなもん、じぶんでかんがえろ!なんて、頭の中ではわかっているのに。本当にすみません。こまってます。助けてください。こんな、甘ったれたガキですがどうか、お願いします。

    2017年1月19日 at 6:31 PM
  • きっか

    こんにちは今年で浪人が決まりました。
    部活もやっておらずわりと勉強していたと思っていました。
    ですが自己管理がとても甘くせっかく受けさせてもらった模試なども活用しきれていませんでした。また自分は好きなものは好き嫌いなものは嫌いとゆうのがはっきりしていて嫌いな科目嫌いな範囲がのこったまま受験にのぞみました。結果はセンター利用以外全敗でした。入試期間中はスケジュールをきちんと自分でつけなかったため連続の入試日程で精神的にノイローゼ気味になってしまいました。
    ただ浪人するのでなく現役の時になぜ合格できなかったのか模索したねければ受かれないとゆうことはいつも考えていて第一志望に絶対行きたいと思いますが入試期間中の気持ちを思い出すと自信がなくなってしまいます。でもこの記事を読んで毎日反省を書き表し自分の弱点と向き合い軌道修正しながら浪人を意味あるものにして行こうと思います。勇気をくれてありがとうございました◎

    2017年2月22日 at 1:52 PM
  • さら

    初コメントです。

    今年同志社大学の受験に失敗し、浪人が決定したものです。
    自分は英語が六割程度、国語も六割程度、世界史も六割程度、、という感じで落ちました。親も許してくれ、予備校に通うことをすすめてくれています。
    しかしわたしはこの一年、自分なりに努力してきました。英文法の参考書をなんども何度もやり、しっかりと理解し、英文解釈から単語、長文も毎日しっかり読み続けました。
    世界史は、同志社がよくだす山川の出版からのものはしっかりやり、教科書のどこがでても答えられるようにしていましたが予想外の地理問題がたくさんでました

    国語に関しては記述で主な点数を引かれたのだとわかりました

    わたしは、どうすればいいかわかりません。

    なにをにたらいいのか、もう一度復習すればいいのか、、?
    塾にいってどうするのか、なんか怖いんです

    これはなんとなく勉強してしまいそうで。
    こんな質問ごめんなさい、
    ですが何かアドバイスがほしいです

    お返事まってます

    2017年2月23日 at 12:53 AM
  • えみり

    全文よませていただきました。
    私は英語がもともとできるというのもあり、はっきりいって受験を舐めていました。
    英語を得点源にするために夏休みもかなり英語をやっていて、それのせいとはいいたくありませんが、世界史を怠ってしまっていました。
    また、動画をみるのが好きで、息抜きという理由で数時間みてしまっていた時もありました。
    しまいには学校が終わり、塾も授業がなくなったと同時に家にいることが多く、朝も早く起きなかった時期もありました。
    私の一番の課題は動画だと思っています。なので、今年は一切動画を見ないようにしようと思っています。
    私はずっと浪人するか、合格した法政大学にいくか迷っていましたが、やはりどうしても第1志望である早稲田大学にいきたいです。
    この気持ちはずっと変わらないと思います。
    1年間死ぬ気で頑張って、必ず第1志望である早稲田大学に合格し、この1年間を無駄なくすごし、今までの舐めきっていた自分を変える1年をしたいと思いました。
    この記事を読んで本当によかったと思っていますし、現実をつきつけられ、反省もできました。
    これから色々あり、相談すると思いますが、どうぞよろしくお願い致します(><)

    2017年3月3日 at 3:47 PM
  • おこおこ

    今年浪人が決まった者です。
    私立は一切受けておらず、志望校の神戸市外大ひとつに絞っていましたが落ちてしまいました。落ちた原因は重々承知しております。
    現役時代はもともと苦手で神戸市外大に絞っていたこともあり、数学は勉強していませんでした。社会も世界史の方が得意だったので、高3半ばまで勉強していた倫政もそれ以降はほとんどしなくなりました。

    そこで質問です。
    予備校に通うなら数学と倫政も一から勉強し直して東京外国語大学を目指そうと思うのですが、ほとんど、数学に至ってはかけらも残っていない科目を、今まで必死に勉強していた科目と同時進行でするのはやはり難しいのでしょうか?
    志望校が神戸市外大のままでも予備校に通った方がいいのでしょうか?私は宅浪で数学と倫政は一切せず猛勉強したいと思います。

    よなたんさんがこの質問に目を通して、お返事くださることを心からお願い申し上げます。

    2017年3月8日 at 7:53 AM
      • おこおこ

        お返事ありがとうございます!
        親としっかり相談して、予備校に通うことになりました。もちろん行くからには積極的に予備校を利用して、数学も基礎からみっちり頭に叩き込みます。
        予備校が始まる前に古文文法の確認や英単語の徹底的な暗記、数学の問題を初歩的なものから解いたりしています。ここでまた質問なのですが、動画で仰っていた通り社会や理科の勉強は後でもいいのでしょうか?社会も理科も得意な方なので…

        2017年3月11日 at 8:54 AM
  • エスパー乳毛春巻き

    全て読ませていただきました。
    しっかりと志望校の対策をして、
    下調べをして、自宅で勉強のできる環境づくり、そのための自分なりの工夫をすぐに行いたいと思います。今すぐに行動します。
    自分のヤル気に火をつけることができました。
    ありがとうございました!!

    2017年3月24日 at 5:19 PM
  • エスパー

    自分は浪人宅浪、受験費用のためバイトです。
    正直、僅差で落ちた関西大学にもいけなくなるんだろうなぁ。
    と考えていましたが、
    読ませていただいてものすごくヤル気パワーが湧き出てきました。
    色々参考にして自分に1番良い計画を考えて、
    立てて今すぐやっていきたいと思います。
    ありがとうございました!

    2017年3月25日 at 9:37 PM
  • 元宅浪生

    偶然、こちらの記事を拝見しました。

    私はすでに社会人ですが、
    よなたんさんと同様に自宅浪人し明治大学に進学しました。。。
    同じ受験経験をした身として「まさにその通り!!」と拍手したくなるくらい、納得の内容です!

    今、浪人をする方は社会人になった後を想像することは難しいかもしれません(⌒-⌒; )
    ですが、私は社会に出たら自宅浪人生活で培ったことは非常に役立っていると思います。

    会社は、予備校のように大学合格のための行程を提示してはくれません。
    実務・所属部署とは直接関係はないが会社にとっては重要な事業・日々のタスク管理や進捗管理など、
    全て自主的に行い、そういう人が評価されていきます。

    自宅浪人をし、自身で計画を立て、実行し、成果を出す。

    これがきちんとできるようになれば、その後の人生においても大変有意義なことだと思いますので、もし自宅浪人を考えている方はそういうことも頭に入れ、モチベーションを保っていただきたいと思いました。。。

    2017年4月1日 at 1:35 PM

Leave a Reply