大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】 (東進ブックス 名人の授業)英文法がサッパリわからない!ネクステがわからない!学校の英語の授業が全然理解できない。

英文解釈の勉強をしているけど、解説が理解できないし、SVOCって何の事だか実はきちんとわかっていない。

そんな人に真っ先に読んでほしいのが『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】』です。

これは難しい部分をごっそり削り取り、本当に大切な部分だけを抽出した英文法の講義本です。

スポンサーリンク

基本スペック

  • [ジャンル]文法講義本
  • [問題数]230ページ
  • [難易度]高1レベル
  • [必要学力]中学英文法
  • [到達レベル]中学⇒高校英文法の基礎がわかる(単独では伸びない)
  • [勉強期間]3日~1週間
  • [使用目的]英文法の参考書・授業を理解するため
  • [勉強目標]各文法事項を理解する
  • [対象者]英語が超苦手な人

大岩英文法は英語が超苦手で、授業や参考書を理解できない人におすすめします。

この本の良いところはとにかく易しいところ。1冊目として読んで理解できない人はいないと思います。

使い方

まずは3日くらいでさっさと読みましょう。易しいので一気に読めると思います。

その後もほかの参考書と並行で読み進め2周3周しましょう。その後、わからなくなったら戻って文法を理解しなおします。

基本的には読み進めるだけでいいでしょう。その後、『基本はここだ』などを勉強するときに「ここわかんねえなぁ?」という部分があったら読み直します。

解釈の勉強がスムーズに進められるなら理解しているという事です。逆に進められないならきちんと熟読して理解する必要があります。

この本はかなり易しめなので、ある程度英語が出来る人にとっては物足りないと思います。

その際は安河内のはじていがいいでしょう。