大岩のいちばんはじめの英文法【英語長文編】―大学受験英語 (東進ブックス 名人の授業)英語長文が苦手なので簡単なものから始めたい。英文解釈も始めたばかりなので、出来れば英文構造も詳しく解説している問題集がほしい。

そんな人におすすめなのが『大岩のいちばんはじめの英文法【英語長文編】』です。

単熟語と解釈を勉強した後、やはり最初に困るのが「2行~3行くらいの長めの1文を読むこと」です。

接続詞を学んで複文、重文に慣れていきます。

また100語程度の短い英文を精読していくことによって、解釈力と長文を読んでいくという感覚を養っていきます。

スポンサーリンク

基本スペック

  • [ジャンル]長文問題集
  • [問題数]12題
  • [難易度]入門~基礎:かなり易しめ
  • [必要学力]2000語レベルの単熟語、『基本はここだ』程度の解釈力
  • [到達レベル]0→長文に慣れる
  • [勉強期間]2週間
  • [使用目的]長文に慣れるため
  • [勉強目標]各英文をスラスラ読める
  • [対象者]高1~高2、英語が苦手な人

『大岩のいちばんはじめの英文法【英語長文編】』は易しめの英文を使って、長文に慣れることをコンセプトとした参考書。

5文型、等位接続詞、従位接続詞などの読解に必要なポイントを最初に少し勉強して、その後は12題の長文を読んでいきます。

長文では、SVOCを色で分けて解説。英文解釈的な勉強もできます。英語が苦手な人も文構造を理解しやすい。

おすすめの参考書接続

  • 大岩英文法⇒基本はここだ⇒大岩長文

この順で勉強すればスムーズに短文解釈力を身に付けることが出来るでしょう。

※とはいってもこの3冊は高1レベルといってもいい。これだけで爆発的に英語力が伸びるわけではない。

短期間で英語を伸ばしたい人はこの3冊を2か月くらいで習得することを目標にしてみるといいでしょう。