センター試験地学基礎のオススメ参考書をご紹介します。地学は新課程で「地学基礎」「地学」に分かれています。地学はマイナー科目のため、参考書も少なく地学基礎への対応も遅れがちです…。 今回は地学基礎対応の参考書の中からオススメのものをご紹介していきます。

メインテキスト

初めはセンター試験専用のテキストで勉強するのがいいでしょう。面白いほど、実況中継どちらでも構わないと思います。

地学が全く分からない、イメージも出来ないという人は『大人のやりなおし中学地学 震度とマグニチュードの違いは?飛行機雲はどうしてできるの? (サイエンス・アイ新書)』を先に流し読みしておくといいかもしれません。 勉強法としてはとにかく何度も通読することでしょう。

  1. まずは全体像を把握する目的でサクッと通読する。
  2. 2周目3周目も同じように通読する。
  3. 4周目以降:少しずつ丁寧に、詳しい部分まで読んでいく

勉強法の注意点としては書かないことです。参考書に書いてあることをわざわざノートにまとめるという謎の無駄作業をする人が多いですが、そんな事はしなくて良くて、何度も繰り返し読めばいいです。 そして問題を解きましょう。問題解くだけなら口頭で出来ますよね。 用語などを覚えたいなら『地学基礎 書き込みサブノート』などを併用してもいいでしょう。

用語を空欄のままで答えていくか、オレンジペンで書き込んで赤シートで隠して暗記していきましょう。

問題演習

マーク式問題集や過去問で問題演習→苦手分野を復習していきます。

  1. マーク式で特定分野を解く
  2. 実況中継などの同じ分野を復習

という流れで勉強するといいでしょう。