勉強している時や仕事をしている時。結果や期限にとらわれて、脅迫観念的に勉強してしまうことがある。

頑張る事は悪いことではないかもしれないが、気持ちが硬くなれば、体も硬くなり、形も浅くなり、結局集中できなくなって、結果が出なくなってしまった。

受験生の場合、良い大学に受からなければならないとか。周りの期待に応えなければいけないとか。結果を出さなければ止められないんじゃないかとか。いろんな恐怖が頭よく言っているものだ。

ネガティブな感情が潜在意識にある状態で勉強しても、落ち着いて取り組めないし、イライラしてしまう。イライラすると、体に静電気がビリビリと宿って、状態が悪くなってしまう。

そんな時はまずペンを置いて、落ち着いて、お茶やコーヒーでも飲みながら一息つこう。そして自分の心の動きを観察することだ。

ここでのコツは、自分の思考や感情をジャッジしないこと。ジャッジするのではなく、ただありのままを受け入れる。「あぁ、自分ってこういうことを考えていたんだな」と。そこにはジャッジもさばきもいらない。感情を否定するのではなく感情を受け入れる。

その上で自分の本心ではどこに向かいたいのか?ということを感じてみる。自分の初心に帰ってみる。なぜ自分が大学受験をしているのか?なぜ自分は今頑張っているのか?その初心に帰れば、いつも熱が湧き上がってくるはずだ。

もう一つ大事な事は、今の自分が考えていることを、自分の本心だと思わないことだ。人は簡単に周りから影響を受ける。今日ニュースで見た言葉とか、隣の人の会話の内容とか、世間一般で言われている常識や価値観に影響を受けている。

だから、ネガティブになっているときに、自分の思考や感情をいちど良い意味で疑ってみよう。これは本当の自分では無い。本当の自分はもっとやる気に満ち満ちていて、エネルギッシュで、前向きで、成長意欲がある。そうじゃなかったらこの文章も読んでいないだろう。

なぜ今勉強を本気でやれないかと言うと、そういった感情や情報に影響されてるだけ。本来の自分を見失っているだけだ。そんな時は一時の感情や判断に身を任せるのではなく、しばらく時間をおいてみる。

時間をおいても、常にある考えが心の中にあるならば、それがあなたの本音かもしれない(ずっと影響され続けていることもあるので、それが本当の本心かどうかは100%では無い)とにもかくにも、自分の心の動きを観察することが大事だ。

考えていることや思っていること感じていることを紙に書き出すのもオススメだ。これはブレインダンプと言う。ブレインダンプをすると、心が整理され思考がクリアになる。

自分の感情や思考をコントロールするトレーニングをしてみよう。まずはブレインダンプから。そして、自分の感情を観察してみる。フラットな気持ちで。

そうやって自分と向きあい上手になれば、どんどんメンタルが強くなっていく。