高橋律子(青山学院大学地球社会共生学部)

青山学院大学地球社会共生学部に合格しました。2浪生です。1浪目では慶応SFCを10点程足りなくて不合格。現実の厳しさを知って、2浪目では今までよりももっと本気で勉強していました。

スポンサーリンク

けれども、個人的にショックなことが重なって、それまで通っていた塾を辞めました。受験の意味も分からなくなって、受験を辞めようかとも思いましたが、思い直し独学を始めました。けれども、自分で勉強しても、何を勉強すればいいのか分からないし「このままでいいのか?」という不安が常にあるために勉強に集中することが出来ませんでした。

そんな時、前々からブログやメールマガジンを読んでいた与那嶺さんが通信講座を始めるという事を知って、正直その時は「大丈夫夏なー」とか思っていたんですが(笑)普段与那嶺さんが発信する内容にはすごく共感できることが多かったので、思いきって通信講座に入ることにしました。

与那嶺さんの指導は、勉強テクニックだけではなくて、いかにモチベーションを高く保つかとか、ポジティブにものごとを考える方法や、さらに体調管理などあらゆる点から勉強の能率を高めていこうというものでした。

いままで私は、勉強のやる気が出ないのは自分の意思が弱いせいだとか、根性がないからだと思っていました。でも、与那嶺さんの指導では、運動や睡眠や食事や勉強する部屋の整理整頓や、さらに人間関係で悩まないことなど、一見勉強とは関係のない部分を改善することで、勉強に向けるエネルギーを高めていくというものでした。

毎日必ず運動をしたり、部屋を片付けたり、食事に気をつけることで、不思議と勉強を続けることができるようになりました。やる気は自分でコントロールできるんだなと知れたのは、受験勉強だけじゃなくて一生モノの財産になりました。

とはいえ、直前期には家族のことやプライベートなことでのショックが重なってしまい、そのショックから中々立ち直れず、感情の起伏が激しかったです。

直前期には落ち込みすぎてしまい、センター試験も受験することができませんでした。私は罪悪感や申し訳なさで、与那嶺さんに連絡することもできなかったのですが、与那嶺さんは私に何度も何度もメールや電話をしつづけてくれました。

やっと出ることができた電話では、「絶対に怒られる・・・」とビビっていたのですが、与那嶺さんは温かい言葉で私をはげましてくれました。与那嶺さんからアドバイスを頂いたり、動画を見たりして何とか勉強できるようになり、最後には青山学院大学に受かることができました。

今まで私は、親や学校の先生からは「できない人間」としてしか扱われなかったのですが、与那嶺さんは、「未来のできる私」を最後まで信じ続けてくれました。「高橋さんができるのは当たり前だよ」と常にいい続けて接してくれたので、与那嶺さんの指導を受け続ける中で、「私は出来る人間だ」と思えるようになりました。

私はかつて不登校になったことがあり、通信制高校出身です。私の高校は就職や専門学校に行く人も多いし、大学に行く人もほぼ推薦で私の学年でセンター受ける人は10人いませんでした。私はここからとにかく這い上がりたいな、自分を変えたいなと思って勉強始めました。

私と同じように自分を変えたい、人生を変えたいと思って受験する方がいたら、貫いてほしいです。私は勉強もゼロから始めたし、浪人始めたら躁鬱ぽくなってしまったり、ショックなことが起きたりとか大変だったし、辛いことも多かったけど何とかここまで来ました。

挑戦したからと言って、必ず成功するとは限りません。でも、挑戦して壁にぶつかって足掻きながら、自分を少し変えていくことはできます。いきなりは無理でも、ちょっとずつなら必ずできます。そして得られるものも絶対あります。これから受験に挑戦する方、応援しています!!!