こんにちは。よなたんです。

昨日は東京で
受験生向けに講習会を開催してきました。

3月は
毎週のように講習会を開催していて、

いろんな
受験生に出会えたのが楽しかったな。

4月は次は21日(土)に
開催予定なので、日程空けておいてね。

それでは本題。

━━━━━━━━━━━━━
志望大学に合格するために必要なコト
どうすれば「熱量」を維持できるか?
━━━━━━━━━━━━━

いよいよ4月。
新学期です。

「よし、やるぞ!」と
意気込んでいる人も多いでしょう。

そんな人に

・どうすれば合格できるのか?
・どうすればやる気を維持し続けられるのか?

ということについてアドバイスを。

これは講習会でも伝えているコトなのですが、

受験生は

「目標設定」を大事にして欲しいです。

目標。

ゴールです。

ぼくらは目標が無いと燃えません。

ダルンダルンの
輪ゴムみたいに無気力になります(笑)

ぼくも昔は夢も目標もなく
ダラダラとゲームばかりしていました。

それはぼくがダラシなかったのもあるけど、
最大の原因は「ゴールがなかった」から。

逆に、いまはどんなにやる気がなくても
モチベーションが高くなくても、

ゴール設定を正しくすれば
どんどんモチベーションは上がっていきます。

モチベーションは「熱量」と言ってもいいでしょう。
エネルギーと言ってもいいね。

熱量がある人は
いつもエネルギッシュで燃えています。

モチベーションが高い。

じゃあその熱量は何から生まれるか?

それが目標なのです。

受験生の場合なら
志望校合格は1つ目標でしょう。

じゃあ

なんでそこを目指すのか?
何のために勉強するのか?

ということも持っているハズ。

あなたにとって

勉強する理由はなんですか?
受験する目的は?
なんのためにがんばる?

それは人それぞれあると思います。

※良かったら教えて下さいね

ここでぼくが言いたいのは、

その「目的」「理由」を大事にしてあげて欲しいということ。

そして、

せっかくなら、

でっかいゴールを持って勉強して欲しい!

ということです。

たとえば、ぼくは普段から受験生に

「大学合格『だけ』を目標にするな」と言っています。

いいんですよ?
「第一志望合格!」を目標に勉強して。

でも、

もっと大事なのは

大学受かってからのゴール。
卒業してからのゴール。
仕事をするようになってからのゴール。
10年後のゴール。20年後のゴール。
あなたの人生をかけてのゴールってなに?

ってことを考えること。
そしてそういったゴールも持っておくことです。

でないと、

大学に合格して『満足』してしまい、

その後、
大学で頑張れなくなってしまいます。

(『燃え尽き症候群』といいます。
 そしてこれは有名大学の学生ほど多い気がします)

ちなみに僕の場合。

正直、早稲田に行きたい明確な理由ってありませんでした。

そこまで
早稲田にこだわりがあったわけではないし

大学に行ってやりたい勉強も
具体的にはありませんでした。

じゃあ、ぼくは何を目的に
勉強をやっていたのか?

それは、

とことんやり切る自分になってみたい

本気出せる自分になりたい

ということ。

自分で言うのもなんですが

受験を始めるまでのぼくは
そこそこなんでもできる人間でした。

勉強もスポーツも
やればできるタイプ。

でもその分本気でやったことはない。

本気でやって失敗したら
かっこ悪い。

そういう見栄っ張りから
なにかを本気で徹底的に取り組んだことが
なかったのです。

勉強も

「真面目にガリ勉みたいに勉強しても
 性格悪くなるでしょ」

という言い訳をして
勉強しませんでした。

お前の方が性格悪いだろ!

って感じですが(笑)

でも、受験勉強をすこし本気でやり始めた時。

「あ、これただ勉強するだけじゃダメだわ。

 人格も磨かんと伸びないわ」

と痛烈に思うようになりました。

勉強法とかテクニックだけ磨くんじゃなくて、

精神面や

いままで甘えていた部分、

直せなかった自分の欠点、

そういったものにトコトン

向き合っていかんと、成績も伸びない。

そう思ったのです。

そして

「受験勉強くらい

 本気でやってみようかな。

 本気でやってみたいな。」

そう思うようになったのです。

だから、

早稲田に受かりたい、

というよりは、

早稲田に受かる自分(人)になりたい

という目標のほうが

僕の中では大きかったのです。

この目標は、

「合格したい」よりも抽象度が高いです。

あと、答えが無い。笑

なので

日常のすべてが自分を磨く学びとなりました。

早寝早起きをいかにするか?もそうだし、

日常的に家族に感謝できるか?とかもそうだし
(はじめは親とよくぶつかっていた)

言い訳しない(でも・だってを言わない)

ちゃんとコツコツ継続する

苦手な記録をちゃんとする

苦手な計画をちゃんと立てる

自己管理徹底する

模試を本気で受ける

過去問を定期的に解く

できない問題を徹底的に向き合う

自分が解けない問題こそ逃げない

「合格」だけを
目標にするならば、

もしかすると
↑上に挙げたようなことを

克服しよう、良くしていこう

とは100%思えなかったかもしれません。

でもぼくは

大学合格以上に

もっと自分を成長させたかった。

もっと自分を磨きたかった。

もっと本気でやれる自分になりたかった。

だから3月からめちゃめちゃ勉強したし

(後回しにする悪いクセを直したかったので)

8月までに勉強終わらせたる!

くらいの気合で勉強していました。

(百発百中で合格点を取れる実力を付けたかったので)

・・・こう思えるようになったキッカケは、

ふとした時に、

「このままじゃダメだな。

 変わりたいな」

って思うことがあったのです。

たぶん、学校の帰り道、

1人で歩いてる時です。

このままじゃダメだ。

どうしよう。

変わりたい。

特に大きな理由が
あったわけじゃないんですが、

痛烈にそう思う瞬間があったんです。

***********

浪人生活中、

何度も折れそうになった瞬間がりました。

10回以上は軽くあったかな。

もっとかな。

そんなときに、

ぼくが思い出していたのは、

帰り道に

「変わりたいな」

と思った『初心』です。

・・・

模試の結果とか

勉強つまんねーとか

こんなの勉強して何の意味があんの?

とか

現実のしょーーもないことばかり考えていると、

どんどん

心の「温度」は下がっていきます。

熱量が下がっていきます。

そこに「心のチャンネル」をあわせていると

サーーーー−っと冷めてしまいます。

じゃあどこに心のチャンネルを合わせればいいか?

それが

「純粋な初心」です。

変わりたい、とか

もっと成長したい、とか

◯◯達成したい!とか

◯◯したい!とか

大学入って◯◯を成し遂げるぞ!とか

そんなスタート地点に立ち返ってみる。

人はだれでも、

もっと良くなりたい
もっと成長したい

といった『成長欲求』と、

もっと誰かの役に立ちたい
もっと人を幸せにしたい
もっとみんなに喜んでもらいたい

といった『貢献欲求』があります。

この2つは
ぼくらが根源的に求めるものなので、

この2つに基づいた目標やゴールを持っていると

無尽蔵に
エネルギーが湧いてくるのです。

だから

毎日のように「初心」「ゴール」を
思い出しましょう。

勉強手帳や参考書にデカデカと書くのもいい。

紙にバーンと書いて
机の前に張り出すのもいいでしょう。

そこに

心のチャンネルを合わせていれば

熱が冷めることはなくなります。

どうせ勉強するなら、

心が燃えたぎるようにやってみませんか?

どうせ勉強するなら、

ぶっ飛んだゴールを持って勉強してみませんか?

せっかく仕事をするなら

業界に風穴開けるくらいのインパクト残しませんか?

どうせいつか死ぬなら、

生きてるうちにデッカイ花火打ち上げませんか?

ぼくはそうやって生きているし

もっともっとそれをやっていきたい。ぼくもまだまだ!

いまよりも

もっともっと成長して

もっともっと面白いコトをしていきたいなと思っています。

そう考えていると

(これを書いているうちにも)

どんどん熱量が高まって

エネルギーが上がっていくのです。

年度の変わり目として

4月は1年の方向性を決める重要な月です。

このメールを読んだら、

ぜひ自分の初心やゴールを思い出して、

手帳やノートに書いてみましょう。

そして、

それを何度も見て

熱量をあげていきましょう!

よかったらこのメールの返信で

あなたの初心やゴールを教えて下さいね。

それでは今日はこのへんで。またメールしますね。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

P.S.

明後日の4月4日(水)には
一年の計は4月にあり!ということで

大阪梅田にある蔦屋書店さんでトークライブを行います。

勉強法やモチベーションについて
ミスターステップアップ講師の柏村先生と語っていくので、

ぜひぜひご参加下さい。



https://mrstepup.jp/lp/tsutaya/

ではでは!(`・ω・´)ゞ