こんばんは!よなたんです。

今日は

━━━━━━━━━━━━━━━━
独学で成績を上げるために
陥りがちな3つの落とし穴と解決策
━━━━━━━━━━━━━━━━

というテーマで話をしようと思います。

受験生なら
全員に共通する

「勉強法の原則」を話しますが、

とくに
独学(参考書学習・自学自習)をしている人は

読んでほしいなと思います。

と、その前に

メールを1通ご紹介しますね。

Iさんからです。

┏━━━━━━ここから━━━━━━━┓
From:I <xxxxxxx@icloud.com>
To:info@mrstepup.com
日付:2018年4月8日 20:56
件名:返信有難うございました
—————————————–
よなたんさん。こんばんは
新高校3年のIです!

メールを書いていて、本音を
言えたからなのか
今日は昨日よりも、勉強に励むことが
出来ています!!

勉強していると、

「見たこと無い問題だけど、
満点取れた!」

「気づいたら、分からない英単語が
50個も減ってた!」

など、プラスのことを考えると
胸の奥から熱くなってきたのを感じて、
やる気がだんだんと
上がってきているように思えました!

成長する自分を白紙の紙や、
手帳に書くことで、ネガティブだった
前までの自分が少しずつ
前向きに考えられる自分に変わってきていて、勉強で本当に人生変わるん
じゃないかなって思いました!

センター数学、英語が8〜9割を安定して取れることが出来たら
報告しますね

有難うございました。

ps.ぜひ一度、新田さんにお会いしたいです!
大阪でお会い出来るのであれば
機会を作ってもらいたいです!

その時は母と一緒に講演会に参加させて
もらいます
┗━━━━━━ここまで━━━━━━━┛

ありがとうございます!

新田さんとの講演会、
日取りも決まったので近々報告させてもらいますね。

日々「成長した!」と
実感をしながら、
実感できるように勉強して欲しいものです。

「ポジティブ」か
「ネガティブ」というのは

決まりきった性質ではなくて
『選択』出来るものだと思います。

ぼくはたとえば
本来の思考の型がネガティブなことが多いのですが、

ポジティブに
「選択」するようにしています。

だから、
ネガティブにもなれるし
ポジティブにもなれる。

これが
大事なんじゃないかなーと。

ときにはネガティブに捉えることも大事だったりします。

受験落ちて
大して勉強してなかったけど

それで平気な顔していたら、
さすがにもっと内省しろ!

となるかもしれませんけど。
(究極どっちでもいいけど)

さてさて

今日の本題へ入ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━
独学で成績を上げるために
陥りがちな3つの落とし穴と解決策
━━━━━━━━━━━━━━━━

たくさーーーーんありますが
ひとまず3つ挙げておきましょう。

1.勉強の要領が悪い
2.参考書の選び方が悪い
3.戦略・計画の立て方が悪い

1.勉強の要領が悪い
━━━━━━━━━━━━━━━━

勉強の要領が悪いと

勉強しても
勉強しても成績が上がりません。

勉強してる受験生を見ていて

要領が
悪いなーと思うのが

・見てるだけ
・何から何まで遅い
・やってる量が少ない
・マーカー引いてるだけ(意味ある?)
・声出してない(どうやって覚えてるの?)
・ひたすら書く(書いて数十回反復できるの?)
・なにかを目的なくまとめてる(まとめる意味あんの?)

などなど。

もちろん!
意図があり目的があるなら

マーカー引くのもいいし
まとめるのもいいと思いますよ。

でも、

「とりあえず」
「目的なく」

やってるはキケン。

めちゃめちゃキケン。

勉強の基本であり極意は

「反復」

です。

ってことは

・1日の勉強量が少ない
・スピードが遅い

というのは致命的です。

単純に言って、

・受験生Aくんは1日で100やれます
・受験生Bくんは1日で50しかやれません

Aくんが1浪して志望大学に合格できるなら
Bくんは2浪します。

これくらいならまだマシで、

1日で2しかやってない子とかいます。

⇒こういう受験生は1年やっても2年やっても
 偏差値が全然上がらない、となってしまいます。

ぼくが
勉強しているときに常に意識していたのは

まず

「この1時間の勉強で
 どれだけ大量に覚えられるか?」

ということ。

どれだけスピーディーに
やれるのか?を考えていました。

2つ目に考えていたのが

「本当に理解してるか?
 覚えているか?
 入試で使える知識になっているか?」

というもの。

たしかにスピードは重要。
反復は重要。

これが最優先事項です。

でも、ただ暗記できればいいわけじゃないし
ただひたすら反復しても、

・理解してない
・丸暗記
・応用ができない

という勉強では、
偏差値60止まりです。

だから

「本当に理解してるか?
 覚えているか?
 入試で使える知識になっているか?」

という自問自答が大事。

質のひくーーーーい勉強してもダメ。

中身を濃くする。

でも、

そもそもの勉強量が少ないのは論外。

はじめはなんでも数稽古です。

たくさん勉強して
たくさんムダなことを学んだらいい。

そしてどんどん勉強法を洗練させよう。
効率化しよう。

ってことですね。

だから1つ目の落とし穴は

勉強の要領が悪いってこと。

・見てるだけ
・何から何まで遅い
・やってる量が少ない
・マーカー引いてるだけ(意味ある?)
・声出してない(どうやって覚えてるの?)
・ひたすら書く(書いて数十回反復できるの?)
・なにかを目的なくまとめてる(まとめる意味あんの?)

↑上のような勉強になっている人は
 注意が必要ですよ!

点につながる勉強を心がけてください。

2.参考書の選び方が悪い

2つ目は
そもそも使う教材が良くない。

「使ってはいけない教材」の特徴をまとめると

・難しい
・自分のレベルに合ってない
・反復しづらい
・わかりやすい(わかったつもりで終わる)

などなど。

4つ目の

「わかりやすい教材」というのは意外かもしれませんが、

わかったつもりに
なっちゃっても良くないんですよね。

それに、勉強の初期段階は

「わからない事が多すぎる」
「覚えてないことが多すぎる」
「暗記しないと理解できないこともある」

ので、

とりあえず丸暗記する!

という勉強は、
決して非効率ではなかったりします。

掛け算九九みたいなもの。

だから数学で言えば
『ドラゴン桜式』などで

基本公式・計算をとにかく
理屈分からんくてもいいから出来るようにする。

単語熟語は
とにかく詰め込め!

という勉強も、
悪くはないです。

そうやって

基本的暗記事項が少なすぎると
参考書や教科書を読んでも理解できなー――い!

となってしまう。

日本史、世界史の教科書なんかもそうですね。

わからなん言葉、
なじみのない用語が多すぎて

丁寧に読んでも理解できない。

流れ本読んでも
いまいちパッと来ない。

なんてことはよくある。

だから

『1分間日本史』なんかのコンセプトで

良いなーと思うのが

「まず点を覚えろ。」

ってこと。

つまり、はじめは丸暗記でもいいから
覚えろ!そうすれば分かってくる

ということですね。

これ大事。

だから数学でいうと

『坂田アキラシリーズ』。

これ、ぼくも数学勉強したときに
お世話になりましてすごく好きな参考書なのですが、

わかりやすいがゆえに

・わかったつもりになって反復しない
・そもそも考える余地がないので
 数学的思考力が育ちにくい

なんてことも。

これはこの参考書が悪いわけではなくて、

「使い方」の問題ですね。

だからぼくは
メインの問題集は

元気数学やチャートにして、

坂田アキラ本は
「詰まった時の理解用」として使っていました。

参考書に100点満点のものはなくて
使い方次第で100点にも10点にもなります。

また、

・合格した人が使っていた人気の参考書

というのも注意が必要。

人気だから、
みんなが使っているから

という理由で
参考書を選んでしまうと、

レベルが合ってなかったりして
やってもやっても身につかない

わからないことが多すぎて反復できない

という問題が。

だからぼくは

人気の教材よりも

【成績が上がりやすいかどうか】で

教材を選んでいます。

これ大事!

・カンタンで(とくにはじめは)
・薄くて
・反復しやすい(1ページに問題解説完結してるとベスト)

教材を選ぶといいですね。

3.戦略・計画の立て方が悪い
━━━━━━━━━━━━━━━━

ぼくが
常日頃から言っているのが

「英数を最優先で伸ばそう」

というもの。

これにはいろんな理由があるので

なぜ英数を優先するのか?を知りたい人は
以下の動画もチェックしておいてくださいね。

———————————-
受験は英数で9割決まる!最速の【英数先行戦略】9つのメリット
https://youtu.be/5r83H-Lg26k
———————————-

ほかにも

・英語が弱いまま入試に突入
・社会ばかりやってる
・理科ばかりやってる
・国語の伸ばし方がわかってない
・入試日から逆算した計画になってない
・ムダな勉強ばっかりやってる
・毎日ムリのある計画を立てて挫折している
・ムラがありコンスタントに勉強できてない
・学校の勉強をやりすぎている
・センターを軽視している
・常に後手後手の計画になってしまっている
・夏までに英数で過去問合格点取れない計画でやってる
・「センター対策は冬から」とか言ってる

といった計画や戦略で
勉強していると入試で勝てません。

大学入試という厳しい戦いで、
しかも時間は限られています。

現役生で自習に使える時間が
1日5時間だとしたら

センターまで277日なので
1385時間です。

土日とか長期休み入れると
1800時間はあるかな?

この勉強時間で
全教科を入試レベルまで仕上げるというのは

正直、なかなか大変です。

全然、不可能ではありませんが、

ムダなコトはできないってことです。
ムダな時間を過ごせないってこと。

そして「悩んだり」「迷ったり」して
立ち止まっている時間というのはないってこと。

ですから

上に挙げたことが
当てはまっていたら注意が必要。

逆に言えば

・ちゃんと英数伸ばして
・基礎をカンペキにして
・センターで8割取れるようにまずする
・難しいことやらない
・学校の勉強はほどほどに
(入試対策を最優先!何が何でも!)
・ゴールから逆算して計画立てて
・毎日コンスタントに勉強できる体制を作る

ことができれば
良い勉強が出来るハズですよ。

今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、3つ書きましたが、

◆勉強法の面では

・見てるだけ
・何から何まで遅い
・やってる量が少ない
・マーカー引いてるだけ(意味ある?)
・声出してない(どうやって覚えてるの?)
・ひたすら書く(書いて数十回反復できるの?)
・なにかを目的なくまとめてる(まとめる意味あんの?)

になってないか?確認しましょう。

◆教材選びの面では

・難しい
・自分のレベルに合ってない
・反復しづらい
・わかりやすい(わかったつもりで終わる)

になってないか?確認。

◆戦略・計画面では

・英語が弱いまま入試に突入
・社会ばかりやってる
・理科ばかりやってる
・国語の伸ばし方がわかってない
・入試日から逆算した計画になってない
・ムダな勉強ばっかりやってる
・毎日ムリのある計画を立てて挫折している
・ムラがありコンスタントに勉強できてない
・学校の勉強をやりすぎている
・センターを軽視している
・常に後手後手の計画になってしまっている
・夏までに英数で過去問合格点取れない計画でやってる
・「センター対策は冬から」とか言ってる

といったものになってないか
チェックしてみましょう。

今日は
具体的な勉強の話をしてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは今日はこの辺で!

感想や質問もぜひ返信で送ってくださいね〜。

P.S.

今回お伝えしたように

「独学」の落とし穴というのが

他にも色々あります。

・モチベーション
・迷い
・人間関係
・勉強の基準が低い

などなど。

そこで4/21(土)に
東京で「独学者向けのセミナー」を開催することにしました。

明日4/10(火)の夜に
募集を開始させてもらいますね。

PPS.
YouTubeでもちょくちょく参考書や
勉強法の解説をしています。

4月にやるべき英語の勉強法と参考書

合格英単語・合格英熟語の使い方

 

英語長文レベル別問題集の使い方

それでは
ありがとうございました。