Search
ブログ・メルマガ – HERO ACADEMY
36
archive,category,category-blog-merumaga,category-36,eltd-core-1.2,woly child-child-ver-1.0.0,woly-ver-1.2,eltd-smooth-scroll,eltd-smooth-page-transitions,eltd-mimic-ajax,eltd-grid-1000,eltd-blog-installed,eltd-main-style1,eltd-disable-fullscreen-menu-opener,eltd-header-standard,eltd-sticky-header-on-scroll-up,eltd-default-mobile-header,eltd-sticky-up-mobile-header,eltd-menu-item-first-level-bg-color,eltd-dropdown-default,eltd-,eltd-header-standard-disable-transparency,eltd-fullscreen-search eltd-search-fade,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

ブログ・メルマガ

HERO ACADEMY / ブログ・メルマガ

第一志望を学校に強制された時の対処法と志望大学の考え方

こんにちは。よなたんです。
いつもメールをお読み頂き有難う御座います。
 
 

先日こういう相談が来ました。

━━━━━ここから━━━━━
私の学校では
夏の模試でC判定を取らないと
第一志望を受験させてくれません。
 
どうすればいいでしょうか。
━━━━━ここまで━━━━━

第一志望はゆずれない、ほんとうに??模試を受けて勝手に諦める人たち

昨日、2人の受験生とお話しました。彼らとの話で共通するのが「第一志望に妥協している」ということです。

一人は早稲田大学の社会科学部、商学部志望ということでした。しかしよく話を聞いてみると、本当は政治経済学部に行きたいとのこと。

理由を聞いてみると「政経になると国語が難しかったり自由英作文などの負担が増えるから…浪人もありかなと…」という話をしていました。

もう一人は、法政大学を目指しているとメールでは書いてくれましたが、本当は早稲田大学に行きたいとのこと。でも学力が足りないから目指せないという。

こういう人は多いでしょうし、これからの時期はもっと増えます。確実に。

今日明日は河合塾の第三回全統マーク模試を受ける人も多いでしょう。まず間違いなく、この時期の模試の後は「第一志望を変える人」が増えます。

今日は第一志望について考えたいと思います。

東大生との対談で思ったこと。受験や勉強法って…【ブログ限定】

こんにちは。昨日は東大キャンパスで、友人であるT君と対談音声を撮りました。

彼とは勉強のことでかなり話が合い、ところどころで言葉が被ってかなり面白かったです。

  • 東大に入る奴はこんなマインドセットで受験している
  • 東大生でも上手く行かないことは多い?勉強するときに意識しておくべき重要なこと
  • 失敗なんてない?受験に勝つ奴の意識の持ち方
  • 優秀な人間ほどマインドを重要視している。三流はノウハウだけ求める
  • 高1から高2で何をしていたのか。
  • 英語の勉強で大切なこと
  • 数学の勉強で絶対に欠かしてはいけない意識と勉強法
  • これだけ覚えてればいい。全ての科目・参考書で応用できる復習の考え方

こんなことを話したのですが、まだまだ話し足りません。なんせ、高2までの勉強で時間切れになり、まだ高3に入ってからの勉強について話が出来ていませんから(笑)また対談をお願いすることになると思います。

何でもすると言うのに何もしてない人【メルマガ】

10月19日のメルマガより。

今日も勉強合宿です。

僕は昨日15時間やって
疲れきってしまったのですが(笑)

プログラム生は今日も元気です。
若いって素晴らしい…(僕も若いですが)

昨日は15時間とか17時間やってる人います。
ブログに書きました。

「15時間勉強なんて簡単だ。~東大本郷のスタバから~」

画像はプログラム生の勉強記録です。ぜひ参考にして下さい。

毎日の受験勉強を思い切り楽しむ方法

こんにちは。たまには昼にメールしてみます。

今回は成長を楽しむための方法を
お話します。

 

受験勉強は、基本的に辛いもの。
これは確かにそうかもしれないのですが、
楽しむことも出来ると思うのです。

それは何かというと
「自分の成長を楽しむ」ということ。

この時期の模試の捉え方と勉強法を見直すという考え

この時期、模擬試験を受けると思います。たいていの現役生は思うような得点を取れないと思います。そこで落ち込む受験生は多いのですが、そもそも落ち込むほど勉強してきたの?という人もいます。

例えば今年の3月から本格的に英語を勉強し始めて、5月の河合模試で100点しか取れない人がいました。でも、3月の時点では明らかに50点~60点レベルだった。それを考えれば2か月で基礎はけっこう固められたな、と僕なら考えます。