こんにちは!与那嶺隆之です。
今日は、ぼくが大学受験塾ミスターステップアップとともに開発している
「勉強法アプリ」についてお知らせします。

大学受験のアプリといえば
「スタディサプリ」や「studyplus」「英単語mikan」などが有名ですよね。

他にも英単語ターゲットや古文単語、
歴史の一問一答アプリなど、
勉強内容の習得や記録、暗記に役立つものが多いです。

それらと比べて、
ぼくらが現在開発しているアプリは非常にユニークです!

今回はこの新しくリリースするアプリについて、
その思いを書いていこうと思います。

今回開発しているアプリのコンセプトを一言でいうと

偏差値の高い人の「感覚」をインストールできるラジオアプリ

というもの。

「偏差値の高い感覚」とは何か?

偏差値70以上の人が
英語を読んでいる時や数学を解いている時の感覚(意識・思考)というのは、
偏差値50の人とは全然違います。

それは単に知識の問題ではありません。

英語の感覚が高まってくると、

いままでいちいち日本語で訳さないと
理解できなかった英文が、
突然、英語のままでスラスラと超スピードで読めることが出来るようになります。

数学でパッパッとひらめいてスラスラと
問題を解けるようになります。

国語で「これがズバリ正解!」と一瞬で正解の選択肢を
見抜けるようになります。

授業や参考書では「知識」の積み上げはできるのですが、
じつは、感覚を引き上げるにはあまり向いていません。

授業の解説ははじめから完成されているものなので、
実際に入試問題を解くときの思考回路や、
つまずいたときにどうやってリカバリーするのか、
そういった試行錯誤しているプロセスが見えないもの。

そんな高い感覚を身につけて
成績のカベを乗り越えていってもらうためのアプリを作っています。

また、

なぜ「ラジオ」なのか?

昨今、一流予備校講師の授業が
見放題というサービスが流行っています。

ぼくらはあえて「音声」による学習を進めています。

なぜなら、
映像といった視覚だけで受動的に学ぶ学習スタイルでは
脳は全然活性化されないということが、
最新の脳科学でもわかっているからです。

昔から「テレビやゲームばかりやっているのは良くない」
と言われていましたが、脳の前頭前野という部分が、
受動的に映像を見ているだけだと動かないんです。

だからぼくは常日頃から

  • 「声に出して覚えろ」
  • 「音読しろ」
  • 「解説しろ」
  • 「テストしろ」

というふうに、脳を動かさないとできない
アウトプットを重視させています。

耳から学ぶというのもじつはすごく深い意味があるのですが、、、
それはまた次回お話しようと思います。

ありがとうございました。