こんにちは。よなたんです。

さてさて、

昨日のメールには
たくさんの方から返信メールをいただきました。

ありがとうございます。

昨日のメールはこちら
「受験(人生)でいちばん大切なこと」

【メルマガ】大学受験(人生)でいちばん大切なコトとは?

いくつか
感想メールが来てるので

取り上げさせてもらいますね。

 

┏━━━━━━ここから━━━━━━━┓
From: 石田 <xxxxxxx@gmail.com>
To: “よなたん@Unlimited Express” <info@mrstepup.com>
日付: 2018年4月3日 10:56
件名:RE: 受験(人生)でいちばん大切なコト
—————————-

いつもためになる話だなと思いながらメールを読んでいます。

受験が終わり浪人生になることが決まった瞬間、正直唖然としました。
自分は今まで何をやってきたのだろうかと、自問自答するばかりでした。
しかし、あきらめたくはありませんでした。

なぜ大学に行くのか?

いろんな人から聞かれた質問ですが、
多くの人は将来いい会社に就職するには学歴が重要だからとか、
ただ行くのが普通かなって思ったとかいう回答が返ってきます。

僕自身もはじめはそんな感じで考えていました。
しかし、それは違うと思い始めました。

大学に行く意味、それは社会に貢献できる、
そして世界に貢献できるような人間になるために、

自分の夢の可能性をさらに広げるために、
大学に行くのだと思いました。

友達になんで大学に行かないといけないの?
と聞かれたことがあります。

学歴社会という言葉が飛び交っている現代で、
若者は学歴というものにとらわれすぎだと思います。

大学に行ってところで何になるの?
とかいう人もいますが、
それは少し間違っていると思います。

人生何かやろうと思えば変わるものだと思います。

学歴だってどうだっていい、
自分のやりたいこと、
社会に貢献できること、

人の役に立てることをできれば十分だと考えます。

有名大学に進学できなかったとしても、
自分が置かれた場所で頑張ってやりたいことをやればいい。

僕はそう思います。
ながながと失礼しました。

┗━━━━━━ここまで━━━━━━━┛

 

返信ありがとうございます。

もう一通ご紹介しましょう。

┏━━━━━━ここから━━━━━━━┓
From: 上田 <xxxxxxxxx@ezweb.ne.jp>
To:”\”よなたん@Unlimited Express\”” <info@mrstepup.com>
日付:2018年4月3日 12:35
件名:Re: 受験(人生)でいちばん大切なコト
——————————–

このメールを見て感動して涙が出そうになりました。
今までの自分を全部文章で表されたなと思いました。

10月からよなたん先生のメールや動画を見ていだけど、
なかなか実行出来てませんでした。

大学に合格するという目標はあったけれど、
有名だからその大学に合格したいという曖昧な心持ちで、
本当に合格したいとは心から思っていませんでした。

このメールを読んで、
大学受験勉強を精一杯頑張ることで何を得ることができるのかを考えました。

私は、今までスポーツや勉強、
人間関係でさえも、嫌いなことは諦めていました。

今までの私は年齢や外見だけが変わっただけで、
中身は成長していなかったことに気づきました。

だから、今までの自分を変えたいと心から思いました!

昨日、あの芸能人の「ローラ」の生き方の記事を読みました。

そこには、やりたい目標や
なりたい夢を叶えるには
我慢も必要と書いてありました。

本当にその通りだと思いました。

これは、受験勉強にも言えることだと思い、
ローラを見習おうと思いました。

そして、合格手帳の後の方にある
合格したらやりたいことリストのフリースペースに
なりたい自分像をいくつもかきました!

毎日ここに書いたなりたい自分像を見て、
自分が勉強する目的は何なのか、
自分に認識させようと思います!

長文になりましたが、
これからも人生の先輩として、
そして受験生のコーチとして、
面と向かってじゃないけれど、お世話になります。

ありがとうございました。

┗━━━━━━ここまで━━━━━━━┛

返信ありがとうございます^^

他にも
たくさん感想や質問が来ました。

ぼくがメールを
読んでいて感じるのが、

多くの人が、
変わりたい

って思っているということ。

もちろんその思いには個人差があるし、

変わりたい、
でも本当に変われるのかな?

と半信半疑の人もいるでしょう。

でもね、
「大丈夫!」とぼくは声を大にして言いたい。

たとえば1年前の自分を思い出してみる。
絶対どこかは変わってるから。

人間、放っておいても
それなりには変わります(笑)

だから根本的に
「変わらない」ってことはあり得ない。

それが良い方向か悪い方向かは置いておいてね。

じゃあ、良い方向に
変わっていく、成長していくためにはどうしたらいいか?

ぼくが大事にしてるのは

「ゴールを持って、
 達成するまで
 しつこく、何度でも」

っていう精神。

何度でもチャレンジしたらいいんですよ。

そして、
何度も失敗したらいいんですよ。

勉強も、細かく見れば

大量の「失敗」の連続じゃない?

たとえば英単語覚えるときも

10回反復したとして、

「正解」言える回数の方が初めは少ないわけで。

ちなみにぼくは浪人生活中、

「早寝早起き」に
軽く100回は失敗しています(笑)

でも、
なるべく早く起きよう

という努力は辞めなかった。

成功しても失敗しても、
うまくいくように準備はする。

やれるだけのことはやりました。

結果はどうなるかわからんけど。

(僕の場合は毎日22時には勉強終わって寝るようにしてました)

受験が終わって。

大学生になって。

◯◯したいなーとか思うけど
なかなかそれが実行できないときが、

実は僕にもありました。

たとえば起業ね。

ぼく、大学4年生のときに

起業してるんだけど、

それまでずっとできなかったんだよね。

大学1年の頃から
なんとなーく将来起業してみたいなーとか

思ってたんですが、

やり方もわからんし

やってる人も身近にいなかったし、

とにかくどうしたらいいかわからんかった。

今思えば受験生みたいだなーと思うんですが(笑)

当時のぼくにはとにかくそれができなかった。

で、一時期は諦めというか、

普通に就職かなーと思って、

家の近所のツタヤに行って
「就活本」みたいなものを買ったことがありました。

それが大学3年の冬だったかな〜。

でもね、

3ページくらい読んで、

やっぱ違うわ、

と思って本を捨てました(笑)

てか就職はムリ。

と思いました。

もちろんこれは僕の場合。

やりたいこと、就きたい仕事がある人は

就職をしっかり
目指していけばいいと思います。

・・・なんかね、

頭というよりは

心が拒否したんですよね。

これ、おれが本当に

やりたいことじゃないって。

この心の声を無視して

働いて我慢するくらいなら、

仮にうまく行かなくても

苦労しても

とことん自分がやりたいことやって

苦労した方が100倍マシだわ。

そう思って、

ぼくは

ブログを書き出したのです。

※それが後の

「独学ラボ」「HERO ACADEMY」になるのです…

ぼくらの「心(潜在意識)」は

超高性能なGoogle検索エンジンのようなもので、

「◯◯が知りたい」
「◯◯がしたい」

と願えば、

それを実現する方法を
「超高速で」探し続けます。

「合格したい」と強く願えば、

合格に必要な

人、出会い、知識、才能、勉強法、場、チャンス

にめぐりあいます。

ぼくも、

当時としては漠然としていたかもしれないけど

「変わりたい」とか
「成長したい」とか
「◯◯したい」という願いがあって、

それがうまくいかないときも
ドン底だったときも、

願い続けていました。

むしろ、

うまくいかないときこそ、

自分の願望が明確になりやすいのです。

やりたくない仕事をしている時。
キライな人がいたとき。
感じたくない感情を感じた時。

そんなときこそ、

「◯◯がやりたい」
「◯◯な人といたい」
「◯◯な気持ちで日々を過ごしたい」

そうぼくは強く感じることが出来ました。

「光」と「闇」が

この世にはあるわけですが、

どちらも必要なんですよね。

人は「闇」、

つまり嫌な体験や感情をいやがりますが、

闇があるからこそ

光の輝きを強く感じることができる。

やりたくないことをやるからこそ、
やりたいことが明確になります。

だから

「やりたいことをどうやって見つけたらいいですか?」

とぼくはよく聞かれるんですが、

ぼくは

「いろいろやって嫌な目にもあって

 たくさん理不尽な思いをしなさい(笑)」

と言います。

そうすると

自分の心と真剣に向き合うことができるから。

みんなね、

心が『不感症』になってるんですよ。

忙しい毎日のなかで

いろんなプレッシャーのなかで、

そして

「◯◯するべき」

「◯◯はしちゃダメ」

という縛りのなかで、

心をマヒさせないと

まともに生きていけなくなってるから、

どんどん不感症になってしまっている。

何が正しいのか、悪いのか

何が好きなのか、キライなのか、

そんな価値観すら
周りの大人や社会が決めたものに

ただ従ってしまいがち。

そうじゃなくて自分で決めるコト。

それは「感性」が大事。

そして「知性」も磨きましょう。

今の世の中、

何が正しいのか?

何がぼくらにとって大切なのか?

ただしく判断するためには

ぜっっっっっっったいに勉強が必要です。

より良く生きるために、

勉強はずっと必要なのです。

**********

受験勉強でもっとも大切なのが、

「潜在意識」を
ぼくらの味方につけることです。

潜在意識に「合格する!」と毎日語りかけることで、

合格に必要なものが
どんどんやってきます。

※あなたがこのメルマガに出会えたのも、
 
 潜在意識のおかげかも・・・?笑

そして、

ぜひゴールというのは

「でっかく、ひろく、先の先へ。

 自分だけじゃなくみんなが幸せになるゴール」

を持ちましょう。

大学合格だけじゃなく、

合格して、こういうことを学んで、

こういうコトを通して世の中の人々を幸せにする。

こうして世の中を良くしていくぞ!

業界を変えていくぞ!!

それができるような人物になるぞ!

そんな
ゴール(志)を掲げることで、

ゴールを
達成するために必要な出会いも来るし、

同時に
試練も訪れるでしょう。

困難苦難も
あるかもしれない。

挫折も
あるかもしれない。

でも、それに負けないコト!

むしろそういった困難苦難はチャンス。

あなたが
越えるべき壁(テーマ)なのです。

・・・って気持ちで

受験勉強に取り組んだらいいかな。

ぜひ、

問題が出て来たら

「キタキタキター!(・∀・)」と

ドMマインドで取り組んでいきましょう笑

ってことで今日はこの辺で終わります。

P.S.

明日、梅田の蔦屋書店で
トークイベントをやるのですが、

実は
この「梅田 蔦屋書店」はぼくにとっても

なかなか思い出深い場所。

いままで、ぼくは何回か
梅田蔦屋書店でトークイベントのお手伝いをしていました。

ぼくの知り合いの著者さんとか
師匠のトークイベントがあるたびに

ぼくも出向いて、時にはお客さんとして、
時にはお手伝いとして、

梅田の蔦屋には何度も足を運びました。

これは一昨年のことかなー。

ぼくが仲良くさせてもらってる方の
トークイベントが梅田蔦屋であって、

ぼくはお手伝いとして参加してたのですが、

そのときに
梅田蔦屋のスタッフに、

「ここで受験生向けのイベントって出来るんですか?」

って聞いたことがあるんです。

そしたらね、

梅田蔦屋って学参(学習参考書)を置いてないので、

受験系は難しいですね〜

って言われてしまったんです。

なぬーーーーという思いとともに、

「いつかトークイベントやってみたいなー。

 いや、やらなくちゃ!!

 絶対やってやる!」

っていう
ポケモンのサトシみたいにぼくは思いまして(笑)

いつかやりたいなーと想いながら、

そのこと
自体は少し忘れていたのですが、

今回、縁あって、

梅田 蔦屋書店でトークイベントができるようになりまして、

「潜在意識すげー」

とぼくは

けっこう1人で盛り上がっているのです(笑)

当日は、ぼくがそうやって

いろんなことを
実現させてきたのですが、

ぼくが蔦屋で
講演ができるようになったストーリーも

含めて味わってもらえたら、

あなたの受験勉強にも
役に立つんじゃないかなーと思います。

ので、ぜひ学びにきてもらえるとうれしいです。

そして、
割とはじめてのイベントで

緊張しているので
応援に来てくれー!(笑)

ってことで、

当日参加も受け付けておりますので
ぜひぜひ。

━━━━━━━━━━━━━
4/4(水)19:00〜
大阪梅田 蔦屋書店で行うトークイベント
https://mrstepup.jp/lp/tsutaya/
━━━━━━━━━━━━━

それでは
今日もありがとうございました。

感想、質問はドシドシ受け付けております(・∀・)